ただでさえ、「副作用の恐れがある薬」の使用は適切な製造と流通がなければ成り立たないのに、偽造薬、偽表示が横行し・・・