健康の大敵!「孤独」・「離婚」・「別居」は「近親者の死より」深刻なダメージを与える!

 

 

健康に悪いといっても、単身生活そのものが悪いのではありません。問題なのは「孤独感」。数年前「おひとりさま」という言葉がはやりましたが、ひとりでも人生を楽しめる人は、あまり心配いりません。

 

どんなときに孤独を感じるかは人それぞれ。しかし、孤独感と精神的ストレスが密接に関係していることは、間違いありません。ストレスの種類と大きさを分類したものに、有名な「ホームズ・ラーエのストレス指標(Holmes―Rahe Stress scale)」があります。人生で出合う、さまざまなストレスの大きさを、数値化したものです。国立循環器病研究センターのホームページにも載っているので、ご興味のある人はアクセスしてみてください。

 

 

 

その中から特に孤独感の原因となり得るストレスを選び出して、<表>にまとめました。最大のストレスは「配偶者の死」で、ストレス強度はマックスの100になっています。次いで離婚や別居など。近しい人たちとの別れは、強い孤独感を引き起こします。

 

■子供の独立やペットの死も引き金に■

 

特に日本の中高年は妻や夫だけが頼り、父母や兄弟姉妹らとの人間関係だけがすべてという人も多いため、より深刻です。これらの理由は現役世代の自殺の原因ともよく一致しています。最近では「子供の独立」に伴う、母親の「空の巣症候群」(一種のうつ状態)が注目されています。また「近親者の死」の中にはペットロスを加えてもいいでしょう。

 

 

 

仕事に関係するものでは、「解雇・失業」のストレスが最大、「退職」もほとんど同じ強度になっています。

 

中高年男性には、職場や仕事上の人間関係がすべてという人が少なくありません。仕事を失うことで孤独感を強める人は大勢いるはずです。「職責上の変化」には出世もありますが、降格も入ります。例えば、50歳を過ぎて、それまで部長だった人が、部下なしの担当部長に異動になると、途端に社内で孤立してしまうことがあります。誰も飲みに誘ってくれず、自分から誘っても断られれば、孤独感が一層募ります。

 

「生活環境の変化」や「住所変更」なども、人によっては孤独感の原因になり得ます。単身赴任が長かった人などは要注意。家に戻っても居場所がなく、昼間からパチンコ店に入り浸りでは、寂しいばかりの余生です。

以上のいずれかに心当たりのある人、またその虞のある人は、すぐに孤独対策を考えた方がいいでしょう。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/225530?page=1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%95%B5%E5%AD%A4%E7%8B%AC%E6%84%9F&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Ddetail%26index%3D67%26st%3D2198