<イラク日報>稲田元防衛相の当時の答弁「適切でない」 政府得意の閣議決定!

 

政府は13日、自衛隊のイラク派遣部隊の日報について、当時の稲田朋美防衛相が昨年2月20日の衆院予算委員会で「見つからなかった」と述べたことを「適切な答弁ではなかった」と認める答弁書を閣議決定した。立憲民主党の逢坂誠二衆院議員の質問主意書に答えた。

 

答弁書によると、防衛省は当時、イラク派遣の関連部局として、統合幕僚監部と陸上、航空両自衛隊の計5部署を探索したが、日報を発見できなかった。各部署は3時間程度調べただけだったが、稲田氏は予算委で「確認したが、見つけることはできなかった」「残っていないことを確認している」と答弁した。

稲田氏はその2日後に再探索を指示し、陸自は対象を研究本部(現在の教育訓練研究本部)などに拡大。昨年3月27日に研究本部教訓課で日報が見つかったのに、稲田氏に報告していなかった。

 

毎度毎度の「掌返し」の局面か!? 当時は、日報が見当たらないで、「よし」とし、防衛相をフォローしていたように思うが、ここに来て、日報が見つかり、1年もその事実を隠していたのも、明るみに出て、総理のお立場も悪くなったのだと想像するが、又もや、自分の立場を悪くしない為の、得意の掌返しの様にも見える。これでは又もや、離反していく人が増える。延命したつもりが、辞任が早まる結果になるのではないか。いずれにせよ、情けとか、人徳という言葉には縁のない人であることは間違いないようだ。

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <毎日新聞 秋山信一>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000040-mai-pol

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E6%97%A5%E5%A0%B1%E5%95%8F%E9%A1%8C+%E7%A8%B2%E7%94%B0%E6%B0%8F%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E3%82%92%E8%A2%AB%E3%81%9B%E3%82%8B&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large