安倍内閣の出鱈目性顕著!“政治とカネ”問題の安倍盟友2人! しれっと「頬被り復権」させ党役員に!国民の神経逆撫で!

政権の「驕り高ぶり」に全く変化はなかった。全く反省していないということだ。安倍首相は2日の党役員人事で、党憲法改正推進本部長に下村博文元文科相を、選挙対策委員長に甘利明元経済再生相をそれぞれ起用。2人ともマタマタ安倍の盟友だ。

悲願の改憲実現と来夏の参院選を睨んだ“お友だち優遇人事”のようだが、2人はまず就任会見で国民に説明すべきことがある。「政治とカネ」の問題である。

下村氏は加計学園から計200万円の闇献金疑惑、甘利氏は自身も大臣室などで現金計100万円を受け取ったURへの口利き疑惑だ。閣僚辞任に追い込まれた甘利氏は「睡眠障害」を理由に国会を欠席。メディアの追及から逃げた。甘利氏は2日、党本部での記者会見で、金銭授受疑惑で2年前に閣僚を辞任した際の政治責任について、「何の刑事事案にもなっていない。検察の捜査がすべて」と言い張り、疑惑は解消されたとの認識を強調したが、じゃあビョーキは治ったのか、党の要職に耐えられるのか。これらも説明すべきだ。

説明責任を果たさず、しれっと復権できるなら、権力に近ければ何でも許されることの証明となる。カネに汚い仲間は優遇する一方で、安倍は総裁選で石破元幹事長支持に回った竹下亘総務会長を外すなど、ロコツな石破氏への当てつけ。つくづく、幼稚な頭脳は相も変わらず。

(私見)

下村党憲法改正推進本部長,甘利明選対本部長の両者は、世が真面な世なら、レッキとした犯罪者である。それを何の釈明もさせず、党の要職に就けるとは、安倍首相も中々度胸がよい。国民に喧嘩を売っているに等しい。総裁選での、石破候補の主張に炙り出され、政治の私物化、総理としての適性を追及され、沖縄県知事選での、自・公の何でもありの、形振り構わない戦いぶり、にも拘らず大差で、自・公推薦候補が破れ去った反省などはどうやらないらしい。もう国民は、首相のやったこと、国政や税金の私物化、国の統治機構・行政の破壊、自衛隊の米国要請による派兵化、マスコミの統制などなど、反国民的、反歴史的な数々の動向を把握し、反対の声を上げている。にも拘らず、国民の神経を逆撫でする内閣改造は、周到承服しかねないものである。本日の内閣改造記者会見では、相変わらずの「多弁だが内容のないこと」を羅列し、全員野球などと強調していたが、世が世ならば「犯罪者内閣」などと揶揄される人材を登用しているのだから、今までの国の運営の延長線上から何も進歩しないことは明白である。今後は、必死で隠してきたものが、暴かれ、「情け」の欠片もない、防衛費は拡大するが、生活保護者の支給金額を削減する「極悪非道内閣」になるのは火を見るよりも明らかである。安倍内閣の終わりの始まりである。ここが歴史の分岐点となる。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/238633

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%AE%89%E5%80%8D%E5%86%85%E9%96%A3%E6%94%B9%E9%80%A0&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large