癌が進行すると人は何故痩せるか?「がん関連体重減少」「がん誘発性体重減少」と原因は2つある!

がんになった人がやせ細っていく原因は2つある。一つはがんで消化管が狭窄や閉塞してしまったり、治療や告知による食欲不振などが原因の「がん関連体重減少」。もう一つは、がんによって誘発された、「がん誘発性体重減少」だ。 前者は治療可能とされているが、厄介なのは後者。がん悪液質と呼ばれ、健康な時と同じような食事をしていると栄養不足になってしまう。

 

■国際医療福祉大学病院内科学の一石英一郎教授が言う■

 

「悪液質とは、がん細胞や免疫細胞から出される炎症性サイトカイン(免疫細胞間の情報伝達を担う物質のうち、炎症反応を誘発するもの)やホルモンなどの物質が血液やリンパの流れに乗って全身を巡り、代謝・免疫・内分泌・脳神経などの異常や慢性炎症を起こしている状態をいいます。その結果、食べても体重増に繋がらない丈でなく、エネルギー不足を補うため筋肉や脂肪が分解されるのです」

脳神経にも異常が出るので、食欲不振、味覚異常、吐き気などの症状が表れる。悪液質のがん患者は食事からますます遠のくことになる。「よく、“がんになると、がんに栄養が取られるからやせる”などといわれますが、実際は食べても身につかない状態も多いように思います」(一石教授)

悪液質が怖いのは体重が減るだけではない。エネルギーが不足するため強い倦怠感が出るほか、免疫力も低下する。「炎症性サイトカインが、抗がん剤を解毒する酵素の働きを弱め、薬物代謝が低下します。すると、抗がん剤が体内に長期間とどまることになり、抗がん剤の副作用が強く出る場合もある」(一石教授)

<直近半年で5%以上の体重減少><BMIが20未満で2%以上の体重減少><サルコぺニア症状を伴う2%以上の体重減少>のいずれかに該当することを悪液質という。

がんの進行に伴い、「前悪液質」「悪液質」「不可逆的悪液質」へと進行する。「不可逆的悪液質」になると食べても身につかないのはもちろん、食べることが苦痛になる。 そのため「末期のがん患者の食事については栄養の摂取量にこだわるよりも、楽しめる食事になるよう工夫する方が重要」という意見もある。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/236978

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2RCKwSuq7tbI3oANgqU3uV7?p=%E6%82%AA%E6%B6%B2%E8%B3%AA&aq=-1&oq=&ei=UTF-8