官僚は“官邸のご意向”に従順!嘘も言えば、改竄も平気でするする者がご出世!…加計問題のキーマンが文科次官に就任!

文科省は16日、新たな事務次官に、「加計問題」でも名前が挙がった藤原誠官房長の昇格人事を発表した。ロコツな“情実人事”ともっぱらだ。

実際、職員向けの就任挨拶で早速、藤原新次官は、政権批判を繰り返す前川喜平元次官の著書「面従腹背」を念頭に、「『面従腹背』は止めよう」と皮肉たっぷりに言い放っている。

 

藤原次官は1982年東大法卒後、旧文部省に入省。順調に出世街道を歩み、2015年7月に官房長就任。16年6月、初等中等教育局長に昇進したが、17年1月に発覚した天下りあっせん問題で減給処分を受け、7月、官房長に“復職”している。処分されたのに次官に就くのは、「超異例の人事」(文科省関係者)だ。抜擢の理由は、官邸の覚えがめでたいからだ。

「藤原さんは小泉政権時代の01年に内閣参事官に就任し、首相秘書官の飯島勲氏らと知り合い、官邸人脈を築いたようです。野心が強いタイプで、上にこびるのがうまい。水面下での調停に長け、トラブルシューターとして安倍官邸のお眼鏡に敵ったといいます」(前出の文科省関係者)

藤原次官は加計問題でもキーマンだった。前川元次官の「出会い系バー」報道が読売新聞に出る直前、ショートメールで〈(特区担当の)和泉さん(首相補佐官)から話を聞きたいと言われたら、対応される意向はありますか〉と、前川氏に対し暗に圧力を掛けていたのだ。安倍官邸の意向を忖度した可能性が高い。

 

■元文科官僚の寺脇研氏(京都造形芸術大教授)はこう言う■

 

「今回の人事で官邸は、覚えがめでたい藤原氏に文科省をグリップさせ、抵抗勢力を“排除”できる体制を整えた格好です。そもそも、加計学園問題を告発した前川元次官の例もありましたから、官邸は以前から息のかかった人物を文科省に送り込むことを画策していたといいます。文科省内からは、『これでお上に逆らえない体制ができてしまった』という声が上がっています。ロコツな『省庁支配』で職員は萎縮するばかりです」

「戦後レジームからの脱却」を掲げる安倍政権は、第1次政権時代から教育行政に手をかけてきた。文科省を「完全支配」したことで、いよいよ戦前の「愛国教育」へ突き進む恐れが強まってきた。

<私観>

国家公務員の萎縮の原因は、官邸主導人事だと言われる。首根っこを押さえられ、内閣に逆らわないことが、出世の条件だ! 逆らへば、徹底的に降格され、処分され、嘘でもなんでもつき、政治家を庇った官僚が出世していくという「悪習慣がすっかり定着」してしまった。官邸に棹をさせば、何時までもネチネチイジコジされる。まるで首相の為に官僚が存在するかのようだ!日本は国の形を喪失してしまっている。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/239678

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%97%A4%E5%8E%9F%E8%AA%A0%E6%96%87%E7%A7%91%E7%9C%81%E6%AC%A1%E5%AE%98&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large