風疹5年ぶりに大流行!患者数2千人超え…風疹に対する考え方と、今すべき本当に必要な対策とは!?

 

風疹が7月以降、流行している。合計患者数が11月20日時点で2000人超。これほどの数になるのは、2012年~13年の全国的な流行以来5年振りだ。しかし、「三木内科クリニック」(東京・神田)の三木治院長は「だれもが過剰に反応するのはどうかと思います」と話す。

「先日も、風疹流行の報道を見て、60代の男性が慌てて受診されました。しかし話を伺うと、妊娠可能な女性と接触する機会はほぼない。その男性も、風疹ではなく風邪でした」(三木院長) この男性は風疹の説明を受けると、受診時とは一変、落ち着いた様子で帰って行った。

 

三木院長が「冷静な対応を」と言うのは、風疹で恐れなければならないのが「先天性風疹症候群」だからだ。

風疹は健康な大人が罹っても殆どが大事には至らない。しかし妊婦が感染すると大問題だ。胎児が風疹ウイルスに感染し、難聴、心臓病、白内障、精神や身体の発達の遅れなど障害を持つ可能性がある。これらを「先天性風疹症候群」という。風疹対策は自分の為にではなく、妊婦と新生児のために考えなくてはならないのだ。

■ベストはワクチン接種だが■

「国のワクチン制度の変更でワクチン接種を受けていない30~50代の男性が感染者の中心です。妊娠可能な女性と接触する機会があるでしょうから、風疹対策をしっかり考えるべき。高齢者であっても、子供夫婦と同居して居たり、社会と接する機会が多ければ同様。しかし、そうではない方たちもいます。要は、風疹の正しい知識を持つことが重要なのです」(三木院長)

風疹は治療薬がなく、ワクチン接種が予防策としてベスト。時間がなければワクチン接種を直ぐに受けるべきだが、そうでなければ、まずは風疹への免疫があるかどうかを調べる抗体検査を。十分高い抗体価がある場合は、ワクチン接種は必要ない。逆に、抗体価が低ければ、ワクチン接種が必要だ。

なお、子供の場合は、1995年4月以降、生後12~90カ月の男女への風疹ワクチンの定期接種が義務付けられている。

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/242310?page=1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%A2%A8%E7%96%B9%E5%A4%A7%E6%B5%81%E8%A1%8C&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Ddetail%26index%3D1%26st%3D222.22222900390625