どうしてこう国民が嫌がることばかり連発するか!?世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策が揃って不評!当たり前!

■各社の世論調査で、安倍内閣の支持率が揃って大幅下落した■

 読売新聞は14~16日に実施。毎日新聞、日経新聞、共同通信社は15、16日の調査。内閣支持率は4~6%下がり、不支持率は2~7%上がった。

 内閣支持率は読売が支持47%、不支持43%。毎日は支持37%、不支持40%となり、2カ月ぶりに不支持が支持を上回った。日経は支持47%、不支持44%。共同が支持42.4%、不支持44.1%で、今年5月以来7カ月ぶりに不支持が支持を逆転した。

 入管法改正についての評価は、読売が評価する37%、評価しない48%で、毎日が評価する30%、評価しない55%。日経は評価する40%、評価しない48%で、共同は評価する24.8%、評価しない65.8%だった。

 安倍政権が強引に進める辺野古土砂投入については、読売が賛成36%、反対47%で、共同は賛成35.3%、反対56.5%だった。沖縄の民意を無視するやり方に批判が高まっている。

 水道民営化を推し進める水道法改正については、読売が賛成27%。反対60%。日経が評価する25%、評価しない57%だった。

(私見)

国会は国権の最高機関である。然るに安倍政権の国会軽視甚だしい。国会運営も独善的だ。実質審議をしていない。挙句の果てが「強行採決」の連発。法案の中身が決定されてなく、「法案成立後政令などで内容を定める」等という風潮が目立ってきた。これでは国会は不要ということになり、実質的に「安倍首相の独裁」ということになる。数の論理で、安倍政権は増長していると言わざるを得ない。マスコミは相変わらず、国民に「真実」を伝えていない。NHKなどは「公共放送の立場」を捨て去り、安倍政権の「広報」と化している。マスコミが知らせないから、高止まりの支持率を維持していたが、このところの「増長振り」が祟り、各社の内閣支持率の数字が一斉に下落した。当たり前だ。

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/243905

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%AE%89%E5%80%8D%E5%86%85%E9%96%A3%E6%94%AF%E6%8C%81%E7%8E%87+%E6%9C%80%E6%96%B0+%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Ddetail%26index%3D0%26st%3D0