これで何を信じろというのか!? 厚労省毎月勤労者統計の偽装・改竄問題!安倍官邸“大号令”か! 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作!

厚労省の毎月勤労統計(毎勤)の不正問題が大紛糾している。国会では閉会中審査が実施されることになったが、厚労省の不正処理で「アベノミクスの成果」と強調してきた実質賃金の向上が“水増し”された数字と判明。ナント、本当は前年比「マイナス」だった実質賃金が、「プラス」域にまでかさ上げされた可能性があるのだ。

 厚労省は2004年から、本来全数調査すべき「500人以上規模の事業所」について、都内計1464事業所のうち、3分の1程度の抽出調査しかしてこなかった。

 不正を理解しながら、長年続けてきたというからフザケているが、厚労省はなぜか昨年1月から抽出した賃金の調査結果を「3倍」にして全数調査に近づける不正処理を開始。その分、全体の数字を押し上げ、この月の勤労統計の賃金は全国で前年比約0.6%はね上がった。このイカサマ処理で、物価上昇分を差し引いた実質賃金まで上振れしていたのだ。

■前年比「マイナス」を「プラス」域に■

 17日の野党合同ヒアリングで、厚労省の屋敷次郎大臣官房参事官は、不正処理をしなかった場合について「実質賃金の上昇幅はより小さくなる可能性がある」と認めていた。厚労省が既に発表している昨年1~11月の実質賃金は、平均で前年比プラス0.3%。不正処理前の同じ期間の数値はマイナスだった可能性もあるという。

指示通りやったのに何故おれが謝らなあかんのだ!

「毎勤の不正処理による実質賃金の伸び率は、0.3~0.8%程度かさ上げされたとみられています。不正処理前の伸び率は限りなく『ゼロ』に近いか、あるいはマイナスだった恐れがあるのです」(厚労省関係者)

 厚労省が不正処理を始めた昨年1月といえば、安倍首相が経済団体に春闘の賃上げ率を「3%にすべし」と、異例の数値目標を掲げて要請したタイミングと重なる。秋の総裁選では、アベノミクスの成果として「大企業、中小企業において過去最高の賃上げ」と猛アピール。厚労省の不正処理でカサ上げされた統計は、安倍首相にとって格好の“プラス材料”となったわけだ。不正処理は、厚労省が安倍官邸に「忖度」した結果じゃないのか。国民民主党の山井和則衆院議員はこう言う。

■国民民主党の山井和則衆院議員の見解■

「今回の問題は“忖度”というレベルではないのではないか。厚労省のやったことは、統計法にもとる違法行為です。官僚が自らの判断でそんなリスクを冒すでしょうか。官邸やその周辺から“指示”が出たと疑われても仕方ありません。当時の加藤勝信厚労大臣は、今回の一件を『知らなかった』と言いましたが、とても許されません。職員の不法行為を見逃すことは、監督責任を問われて然るべきでしょう。閉会中審査では徹底的に追及していきます」

お気軽なお人じゃ!

 ちなみに、加藤厚労相は安倍首相から「ポスト安倍」に推されるほどの“アベ友”だ。裁量労働制を巡る厚労省のデータ不備問題といい、財務省の公文書改ざんといい、安倍政権下では霞が関の「偽装」や「隠蔽」が当たり前になっている。

(私見)

 いやはや!この内閣は、自らの延命を保つためには何でもする!「アベノミクスの成果」などというものは存在しないという事を、官邸は承知しているという事ではないか。道理で、我々の生活の向上の実感なんて、いくら探してもない訳だ。おそらく安倍首相は、「この度の厚労省のデータの改竄問題は由々しき問題であってはならないこと」とかなんとか抜かして、厚労省が勝手にやったことだと問題をすり替え、官僚を生贄にして、自分はのうのうとして生き残ろとするだろう。

 今までの不祥事は全てそうだった。苟も内閣の延命を図ろうと官邸が支持したのは明白であり、善良な国民を騙したのだから、これ偏に安倍首相の責任というべき問題である。こんな平気でうそを吐く、データは都合の良い様に改竄する。虚構政治家であることは間違いない。国民もこんな首相を何時までもありがたがっていれば、日本は奈落の底に突き落とされるだけだ。

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245736

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%8E%9A%E5%8A%B4%E7%9C%81%E6%AF%8E%E5%8B%A4%E6%94%B9%E7%AB%84%E4%BA%8B%E4%BB%B6&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large