子供の育成のための「子どもを伸ばす褒め方」・「ストレスになる褒め方」

 

子どもは褒めて育てましょう」とよく言われます。その一方で、「褒めても逆効果では?」といった親の声もよく聞きます。褒め方によって、子どもがやる気を出したり、親子関係にひびが入ってしまったりするのです。子どもがうれしくなる褒め方、さびしくなる褒め方の違いを考えてみましょう。

 

■「子どもを褒めて伸ばす本」は数あれど…… ■

 

いくら褒めても、「褒め効果」を実感できないという親は多い。最近、「褒めて子どもを伸ばすしつけ」「子ども成績をアップさせる褒め方」といった内容の本がよく売れているようです。ところが、「うちの子は、褒め等れると図に乗るのよね」「せっかく褒めてあげたのに、ちっともうれしくなさそう」といったお母さんたちの本音も、よく聞かれます。

 

褒めてもらえば、誰だってうれしくなるもの。とはいえ、ただやみくもに褒め言葉をかければいい、というわけではありません。子どもにうれしく感じさせるには、褒め方のポイントがあるのです。

■子どもがうれしくなる褒め方とは? ■

 

その褒め言葉、子どもの心に響いていますか?

育児書などには、よく「子どもが何かを達成したら、その場で褒めてあげましょう」と書いてあります。そのため、子どもが何かをするたびに、「すごいね~!」「えら~い!」とオーバーに褒めたたえる親が増えました。

 

しかし、こんな風にほめられても、子どもはうれしく感じるでしょうか? 「このくらいで褒めてもらえるの?」「ちょろいもんだ」と親が甘く見られたり、「なんで褒めるんだ?」「ちょっとヘン」と冷めた目で見られるのがオチです。つまり、オーバーに褒められても、心のこもったほめ言葉とは受け取れないのです。

 

子どもの心にいちばん響くのは、素直に感じた「感動」のフィードバック。たとえば、自分が描いた絵に、「お! この表情、いいね」と反応してもらえたり、テーブルセッティングを手伝った後に、「わぁ! きれいに並べてくれてありがとう」と、喜びのこもった感謝の気持ちが伝えられること。こうした、心から漏れる一言を伝えられると、うれしくなるのです。

 

もう一つは、子ども自身が取り組んだ物事の「プロセス」や「クオリティ」が褒められること。たとえば、テストでいい点数をとれたとき、「この問題、苦戦してたのによくできるようになったね」「ここ、引っ掛け問題なのに解けたんだね」というように、中身(プロセスやクオリティ)をよく見て褒めること。すると子どもは、「うちの親、分かってくれてるなぁ」という満足感を感じるのです。

■子どもがさびしくなるほめ方とは?■

 

褒められる度に、さびしくなる子どももいる

ところで、親は何気なく褒めているものですが、ほめ方を間違えると、子どもの心をさびしくさせてしまうことがあるので、要注意なのです。

 

さびしくなる褒め方の一つは、「何かをさせよう」という意図のある褒め方をされたときです。たとえば、描いた絵を「上手ね~!」と褒められた後、「じゃあ、これもやってみよう」と問題プリントが渡される。お手伝いをして「えらいわね~!」と褒められた後、「これもできるよね」と新しい仕事を与えられる。このように、褒め言葉がいつも要求と抱きあわせになっている場合、子どもは褒められて操作されるさびしさを感じるものです。

 

もう一つは、「結果」だけを見て褒められた時です。テストで100点をとったときに、「100点」という結果だけを褒められると、そのときはうれしく感じても、「次もパーフェクトじゃないと、褒めてもらえないかも」という不安を感じてしまいます。また、兄弟のなかで、いつも「よくできる子」の方だけが褒められていると、「親は結果だけしか見てくれない」「親の愛情を得るには、結果を出さければならない」というむなしさとプレッシャーを感じてしまいます。

■「言葉」より「気持ち」を受け取っている■

 

考えすぎず、感じた感動をフィードバックしよう

人は褒められたときに、「言葉」そのものより「気持ち」の方を敏感に感じているものです。これは、大人も子どもも同じ。しかも、未熟な子どもにはシンプルな感情しか理解できないため、言葉と気持ちが矛盾した褒め方をされると、奇妙なものに感じてしまいます。

 

さらに、子どもにとって親との関係は、世界の中心。褒められることで操作されたり、結果だけしか見ない褒め方をされたりすると、非常にさびしく、不安なものに感じてしまいます。

 

繰り返しますが、褒めることは素直に感じた「感動」のフィードバックです。「子どもをもっと褒めなければ」「効果のある褒め方は?」と考えすぎると、肝心な「感動」が後回しになってしまいます。頭でっかちにならず、「お! いいね」「それステキ!」というような、素直な感動を大事にしましょう。そして結果より、頑張って取り組んできた姿勢や、できたことの質の方に注目して、子どもの成長を見守っていきたいものです。

 

 

記事・画像 引用・参考元 allabout

https://allabout.co.jp/gm/gc/439622/?FM=af_excite&af_type=guide&af_id=393776

 

 

褒め方,しつけ, 効果のある褒め方,子供の成長, 子どもがさびしくなるほめ方, 子どもがうれしくなる褒め方, 子どもを伸ばす褒め方, ストレスになる褒め方,感動,ストレス,