【ライフハック】ちょっとしたことの積み上げがジワジワ効いてくる。成功へと導く9つの習慣

 

ちょっとした目標でもその達成は成功につながる。成功すると自分に自信がつき、次なる目標へと前向きに進んでいくことができる。

 

成功する人には毎日行っている習慣があるという。いわゆる自己管理の一種だ。自分を奮い立たせ、なおかついたわりながら活力を得ることができる9つの習慣が海外サイトに紹介されていた。すぐにでも実行できるものばかりだ。

今年はまだ始まったばかり。これらの習慣を身に着けて成功を手に入れよう。

 

■ 1. 朝起きたらベッドを整える■

 

これはちょっとした朝の健康的な習慣を作ろうということだ。5分もかからないし、部屋が片付けば気分が良くなる。ベッドメイキングをしない人はずるずると先延ばしにする傾向があるそうだ。(部屋の中が片付かないのは、「近々やればいいや」という「今やらない」結果である!)

 

■ 2. 目標設定は忘れる■

 

今年の目標年収は500万円、6か月で10キロ減、今月は契約を10個とる……よくある目標だが、ほとんどの人が気づいていないのは、それが結果であるということだ。

 

みんな結果(目標)に捕われ過ぎている。目標は忘れて、習慣やシステム作りをやってみよう。そしてプロセスに集中するのだ。

■ 3. 呼吸にだけ意識を向ける■

 

人によっては瞑想と言うだろう。呼吸運動と呼ばれることもある。ポイントは何もせず、何も考えず、呼吸だけに意識を向けることだ。

 

2分もすれば、あれやこれやと考え始めるに違いない。我々はそうできている。だが、このシンプルな習慣が心を鎮めて考えない力を鍛え、集中力と注意力の達人にしてくれる。

 

■ 4. 5分ルール■

 

せっかくの良い習慣を破りたくなることがある? 5分だけ待ってみよう。そうした誘惑は大抵が衝動的なものだ。決まり事を作ったら破る前に5分待ってみよう。きっと自分を取り戻せるだろうから。

 

■ 5. 「やってはいけない」ではなく「あえてやらない」と言おう■

 

力を与えてくれる言葉を使おう。成功するためにやるべきではないことがあれば、「あえてやらない」と言うのだ。

 

こうすれば、自分で選んでやらないことにしたと感じることができる。自分のアイデンティティを築く上でも役に立つ。「やってはいけない」では義務や制約に感じて、尚更やりたくなってしまう。

■ 6. 冷たいシャワーで心を鍛える■

 

冷たいシャワーは心を鍛えてくれる。暖かいシャワーは、最初は心地良いが、次第に疲れて眠くなってくる。しかもついつい無駄に長く浴びてしまうこともある。冷たいシャワーならその反対に、シャキッと目を覚まさせ、体や心を引き締めてくれる。

 

■ 7. もっと眠る■

 

睡眠不足を勲章のように思ってはいけない。仕事のために睡眠時間を削っても、それはハードワークの証拠にはならない。むしろ時間管理ができないことを証明してしまう。長期的には生産性を損なうことにもなるだろう。

 

■ 8. 疲れたら一休み■

 

睡眠にサイクルがあるように、起きているときにもサイクルがある。活力にあふれる時間帯があるかと思えば、疲弊して生産性が落ちる時間帯もある。これを把握して、元気なときは全力疾走(仕事に集中)して、疲れたら一休みして回復に努めよう。

■ 9. 敷居を下げる■

 

最後のこれはズルみたいなものだ。成功の定義を見直すのだ。目標設定は手に届く場所にないとやる気が起きない。成功するために億万長者になる必要はない。自分の心や立場を見つめ直してみるといい。

 

9 Powerful Habits That Will Set You Up for Success in 2017

 

これらを偶には思い出そう!健忘禄的な意味合いもあるのだ。

 

道に迷い、自信を失い、何をどうしていいのかわからなくなる時が誰にだってある。そんな時にある程度の指針があれば、自分を奮い立たせることができるし立ち直りも早い。みんな悩んで大きくなっていくのだからね。

 

 

記事・画像 引用・参考元 Excite News <Karapaia>

http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52232361.html?_p=1