JR西・豪華特急「瑞風」遂にお披露目!

 

 

JR西日本は23日午前、6月17日から運行が予定されている「TWILIGHT EXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風」車両の初披露目記念式典を同社の網干総合車両所宮原支所(大阪市東淀川区)で行った。これまで、車両搬入時などは、車両保護のためのラッピングで色などは隠されていたが、トワイライトエクスプレスの伝統を引き継いだグリーンの車体に金色のエンブレムラインを配した車両があらわとなった。

 

JR西・豪華特急「瑞風」ベール脱いで初のお披露目

 

記念式典には、同社の来島達夫社長をはじめ、車両のデザイン統括・インテリア監修を務めた浦一也さん。エクステリア監修を務めた福田哲夫さんらが登壇。そして、アンバサダーを務めた葉加瀬太郎さんも登場し、テーマ曲を披露するなどした。

同社によると、展望デッキと5本のラインからなる流線型の先頭車両には丸目ヘッドライトを。往年のボンネット型を連想させる運転室も配置され、懐かしさも演出しているという。

 

旅行代金は、1泊2日の4コースでは、2人1室で1人25~75万円、2泊3日の周遊コースでは47~120万円(いずれも9月分は3~5万円アップ)となっている。

先日発表された第1期(6~9月)受付結果によると、応募件数は2022件で平均倍率は5.5倍。最高倍率は、6月21日出発の山陽・山陰コース(2泊3日)のザ・スイート部屋の68倍だった。次回、第2期(10~11月出発分)は4月1日から参加受付を開始するという。

 

 

記事・画像引用・参照元 Yahoo News<THE PAGE>

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000001-wordleafv-soci