セブンやイオンなど相次ぎ値下げ 、脱デフレは幻想?

 

 

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

セブンやイオンなど相次ぎ値下げ 、脱デフレは幻想?

 

食料品などの値上げが相次いでいる中で、セブン-イレブンやイオンなど流通各社が次々と値下げを発表しています。何が起きているのでしょうか。

 

コンビニ最大手のセブン-イレブン。19日から洗剤や歯磨き粉など、日用品61品目を値下げします。歯ブラシは30円引き、綿棒は64円引き、平均で5%の値下げです。

 

■大手メーカーの商品の値下げは実に8年ぶり。その狙いは・・・■

 

「スーパーやドラッグストアを筆頭にした世の中の(安い)小売価格に近づいている」(セブン&アイ・HD広報 戸田雄希さん) 背景にあるのは消費者の節約志向の高まりです。家庭の出費は12か月連続でマイナスです。

 

「安いところを見つけたら、そこで買う」(買い物客)

 

消費低迷の長期化にスーパー最大手のトップは・・・

「脱デフレは大いなるイリュージョン(幻想)だった」 (イオン 岡田元也 社長)

 

イオンの岡田社長は、政府の掲げた「デフレ脱却」は幻想だったと指摘。増税やメーカーの値上げで業績が悪化したというのです。

 

「当時の政府やマスコミもあったかもしれないが、いわゆる“値上げどう喝”ですね。これに屈したと思います」(イオン 岡田元也 社長)

 

今週から値下げする商品を新たに最大254品目、拡大しました。4月から大手メーカーが値上げする食用油は、イオンのプライベート商品では65円の値下げです。来月は電気料金やティッシュなどの値上げを控える中、流通各社はさらなる値下げに踏み切れるでしょうか。

 

 

 

記事・画像 引用・参考元 TBS News i

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170419-00000054-jnn-bus_all