病気の茶々気遣う、秀吉の手紙発見 79年ぶり!

 

 

豊臣秀吉が側室の妻・茶々(淀殿)に宛てた自筆の手紙が、兵庫県豊岡市出石町の商家から見つかったと、7日、兵庫県立歴史博物館(姫路市)と東京大学史料編纂所(東京)が発表した。秀吉自筆の手紙が確認されたのは、少なくとも79年ぶり。体調を崩した茶々を優しい言葉で気遣う内容で、専門家は「秀吉の私生活や茶々への愛情を読み解くことができる貴重な史料」としている。10月に同館で開幕する特別展で初公開される。

【写真】「さすがは秀頼の母だ」と称賛

 

手紙は和紙につづられ、縦約45センチ、横約50センチ。掛け軸に貼り、木箱に入った状態で保存されていた。所有する豊岡市内の商家が、2015年に豊岡市教育委員会に存在を伝えた。翌16年6月、同市教委から依頼を受けた同博物館と同編纂所が調査を始め、筆跡から秀吉の自筆と確認した。

 

秀吉自筆の手紙は既に約60点が見つかっており、その中で「淀殿」宛ては5点。そのうち3点だけが宛名を「茶々」としている。同編纂所はそれらを1938年に書籍にまとめたが、今回はそれ以来初めての発見になるという。

茶々は、秀吉が本妻の寧々とは別に迎えた側室で、秀頼(幼名=拾)の母。

 

手紙は、秀吉が大坂城に住む茶々に宛てて、1593~96年に書いたとみられる。病を患った茶々が、治療のために苦手な灸を我慢して据えたことを「まんそく申ハかりなく候(とても満足)」と褒め、食事を取るよう「またさいり進候(さんまを送ります)」と約束。さらに追伸で「さすかおひろい御ふくろとミへ申候(さすがは秀頼の母だ)」と称賛している。

 

同編纂所の村井祐樹准教授は「秀吉が気配りができる性格だったことが分かる。歴史上の人物の人間性を知る上で絶好の素材だ」としている。

特別展「ひょうごと秀吉」(神戸新聞社共催)は10月7日~11月26日に開かれる。

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <神戸新聞>(宮本万里子)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170707-00000006-kobenext-l28

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E7%A7%80%E5%90%89%E3%81%AE%E5%AF%A7%E3%80%85%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%89%8B%E7%B4%99