頻発する地震!世界中の火山が噴火の不気味!…2月は“巨大地震”に要警戒!

 

 

どうにも不気味な動きだ。世界中の火山が噴火し始めている。今月5日、パプアニューギニアの火山島「カドバー島」で有史以来、初の噴火が起きたのを皮切りに、インドネシア、フィリピンの火山が相次いで噴火。日本でも15日、鹿児島県の桜島が2度、噴火した。

 

火山活動が活発化し、怖いのが大地震だ。17日は、6434人の犠牲者を出した「阪神・淡路大震災」からちょうど23年の節目だったが、来月にも国内で大地震が発生する可能性が高まっているのだ。

 

■1946年と同じ場所で連鎖地震■

 

14日、ペルー南部沖でマグニチュード(M)7.1の地震があった。それから遡ること約半年、昨年7月中旬に、アリューシャン列島でM7.7の地震が発生している。

 

実は、1946年に同じ場所で地震が発生した後、日本で大地震が発生しているのだ。同年4月、アリューシャン列島でM8.1の地震が起きた7カ月後の11月、ペルーでM7.3の地震が発生。その1カ月後の12月、日本の紀伊半島沖でM8.0の「昭和南海地震」が起きている。

 

 

アリューシャン列島→ペルーと地震の連鎖が不気味に符合。46年と同じパターンなら、来月中旬にも大地震が国内で発生するかもしれない。地震・火山研究の第一人者である武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏(地球物理学)はこう言う。

 

「いつどこで大地震が発生するのか、正確に予測することはできません。しかし、東日本大震災以降、国内で大きな地震が起きていない。16年4月の熊本地震は、東日本大震災の2000分の1程度の規模でしたから『大地震』の枠からは外れます。大陸プレートは常に同じペースで動いていますので、時間がたてば経つほどプレートにかかるストレスはたまっていきます。長い年月にわたってストレスがたまり続けると、大地震発生のリスクも高まるのです。46年の連鎖地震と同様に、日本国内で近々、大地震が起きても不思議ではありません」

 

 

昨年12月19日には、政府の「地震調査研究推進本部」が、北海道千島海溝沿いでM8.8以上の超巨大地震の発生が「切迫している可能性が高い」と発表した。対策しておいた方がよさそうだ。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/221449/1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E5%88%97%E5%B3%B6+%E7%81%AB%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E7%88%86%E7%99%BA&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large