高齢者の低栄養の原因にはいろいろある!認知症で低栄養に! 患者が食べられない理由は様々ある!それに気付くことが解決の第一歩!

 

 

認知症になると、低栄養になりやすくなります。食事の摂取量が減りやすいからです。

 

アメリカ栄養士会とアメリカ静脈経腸栄養学会による低栄養の3つの原因分類で見ると、認知症による低栄養の多くは「社会生活環境に関連した低栄養」に該当します。炎症はないが、なんらかの理由で食べられない状態で、患者さんのエネルギー・タンパク質の摂取量を高めることが主な治療になります。

 

しかし、認知症で低栄養の方は、対策がなかなか難しいです。

嚥下(えんげ)機能が低下しているのであれば、喉を鍛えるリハビリが役に立ちます。ところが認知症の患者さんでは、それ以外の理由で食べられないことが多く、鍛えることも難しいです。

 

認知症が進行した場合、言語でのコミュニケーションが難しくなります。そのため、本人が何を問題と感じ食べられなくなっているのか、原因を見極めなければなりません。

 

 

ある患者は、白い食器に白い食べ物がのっていることで、食べ物を認識できないことが理由でした。またある患者は、認知症の症状で「食べ方」を忘れてしまい、食べられずにいました。集中力低下のために、食べ続けられない患者もいます。病院で出している食事が口に合わない、あるいは嫌いな食材が多いために、食が進まない患者もいます。

 

高齢になると便秘になりやすくなりますが、この便秘が原因で食べない方も珍しくありません。口腔内の環境がよくないために食欲不振に陥っているケースも、高齢者ではよく見られます。

食事シーンを注意深く観察し、いろいろ試していく中で、「これだ」というものを探していくしかありません。食器を変える、手づかみで食べられる食事メニューにする、便秘や口腔内環境の不具合を改善するなどです。

 

ご家族からの情報も貴重です。食の好みや普段の食事時間などです。自宅で使っていた食器・食具に変えることで食事量が増えた、という認知症の患者もいます。

 

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/224036

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E4%BD%8E%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%AF%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large