大炎上必至!<森友文書改ざん>対応を誤る麻生氏の言動、反発増幅 陳謝で頭下げず!

 

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が改ざんされた問題で、麻生太郎副総理兼財務相の尊大とも取れる態度が反発を招いている。麻生氏はこれまでも物議を醸す発言があったが、改ざん問題を巡る記者会見などでも不要意な発言が目立っており、世論の反発を増幅する一因となっている。

 

「神戸製鋼所(の製品データ改ざん)は20年ぐらい続いたのか?」。麻生氏は13日の閣議後記者会見で、不祥事企業ではトップが関知していなくても辞任するケースが多いことについて問われると、報道陣に逆質問してはぐらかした。

麻生氏は会見でぶっきらぼうな物言いで記者に逆質問するなど独特のスタイルを貫いており、今回の改竄問題でもそれは変わっていない。12日に記者団の取材に応じた際には、「深くおわび申し上げる」と陳謝したが、頭を下げることはなかった。また、「佐川の国会答弁に合わせて書き換えたのが事実」などとして、国税庁長官を9日に辞任した前財務省理財局長の佐川宣寿氏を呼び捨て連呼した。そのため、野党からは「何回も呼び捨てにし、佐川さん一人を悪者にするかのような会見だ」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)など、批判が出ている。

危機管理に詳しい牛島総合法律事務所の牛島信弁護士は、「危機管理は常に賭けであり、対応を誤れば火に油を注ぐ可能性もある」と話している。大炎上必至である。【井出晋平、中島和哉】この1件だけで、世間の非難を受けるは必至である。そうでなくても、佐川元理財局長および理財局単独改竄説という直ぐ底が割れるような「珍説」で、世間を納得できると踏んでいる「甘さ」は、度し難い。「美しい日本」では、ここまで、世間を混乱させたら、潔く非を認め、切腹するのが作法である。自分から、関りがあったら、総理はおろか議員も辞めると、国会の場で自ら言ったのであるから、潔く、自らの言に沿い辞任するのが筋だろう!この期に及んでも未だ「延命」を画策するつもりなのか!見苦しい。

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <毎日新聞>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000111-mai-pol

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%87%AA%E6%B0%91%E5%85%9A%E7%B7%8F%E5%8B%99%E4%BC%9A%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large