<セクハラ疑惑>福田次官一転居直る!与党内でも「逃げ切れず」との判断根強い!=更迭論拡大!

 

 

■報道各社の担当女性記者への「調査協力」手法に批判強まる■

財務省の福田淳一事務次官、辞任するものと思われていたが、一転居直った。しかし与党内でさえ、セクハラ疑惑を巡って、福田氏を更迭すべきだとの声が拡大しつつある。福田氏は週刊新潮の報道を全面否定しているが、新潮側はネットで福田氏の発言とされる断片的な音声データを公表。与党内では「逃げ切れない」との声が大勢だ。また、財務省が報道各社の担当女性記者に、この問題の調査への協力を求める異例の対応を行ったことへの批判も強まっている。

■自民党幹事長、「国会審議に支障!審議にあたれる環境を整えよ」と不快感■

 

自民党の二階俊博幹事長は17日の記者会見で「迷惑な話だ。一日も早く決着をつけて、すっきりした気持ちで(国会)審議にあたれる環境を整えたい。それを急ぐべきだと思っている」と不快感を示し、早期の事態収拾が必要だとの認識を示唆した。財務省に対しては「こっちから辞めるべきではないか、とわざわざ助言するというより、本人や財務省が考えるべきことだ」と突き放し、「リーダーシップを発揮すべき財務省が先頭に立ってこんな問題に関わりを持ち、弁解に終始しなきゃいけないことを、大いに反省して貰いたい」とも強調した。

 

■公明党は、政権の足を引っ張っては拙いと静観を決め込む!■

 

連立を組む公明党の山口那津男代表は会見で「財務省がいろいろ熟慮した上で対応を決めたということだから、成り行きを見守りたい」と述べて論評を避けた。繰り返し質問されても、「熟慮の上」との表現を5度にわたって繰り返し、問題から距離を置いた。党関係者は山口氏の発言について「公明党が引導を渡したという形にしたくはないのだろう」と解説する。

■財務省の調査手法は、2次セクハラで居直りとの批判■

 

財務省の「調査方法」への異論は与党内でも大きい。公明党の石田祝稔政調会長は記者団に「記者から協力を得るというのは違和感がある。被害を受けた人に『出てきてください』というのは、ちょっと違うのではないか」と指摘した。 野田聖子総務相は閣議前に菅義偉官房長官、麻生太郎副総理兼財務相に個別に話しかけ、財務省が依頼した弁護士事務所に被害女性が名乗り出るのは難しいとの考えを伝えた。 党内には麻生氏の対応にも不満が募っている。麻生氏に近い議員は「麻生さんは庇う人なんだ」と擁護するが、別の中堅議員は「麻生氏はセクハラ問題に対する感覚が鈍い(時代を読めていない)」と漏らした。

 

■世間の感覚から完全に浮きまくり、自らのおかしさが分からない財務省幹部■

セクハラを受けた「被害者が名乗れ」という感覚は、「セクハラをやらかしたサイド」の配慮のない、手前勝手な言い分だ。問題の解決に「調査は必要だ」という、一見「最もだ」という言い分に乗せた、事態収束策だ。しかも解決を急ぎたいとして、被害者の名乗り期間を非常に短く設定している。おそらく、名乗り出辛い、名乗り出てはこない、という事を見越して、「そんな事実はなかった」と収束させたいのだろう。今までの政府サイドの対応策と同じで、如何にも勝手で、姑息な態度だ。これでもかと繰り返されると流石にうんざりだ。与党自民党からもブーイングが起きるのも当然だ。

 

こんな無理繰りの筋立てで、この局面を乗り切れると考えている政府・財務省は、超甘だ。国民の感覚から、これだけズレ捲れば、崩壊の道を早める丈だ。

 

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <毎日新聞 竹内望>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000092-mai-pol

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%A6%8F%E7%94%B0%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%AC%A1%E5%AE%98%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%83%A9%E7%96%91%E6%83%91+%E4%B8%80%E8%BB%A2%E5%B1%85%E7%9B%B4%E3%82%8A&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large