「人間にとっての恥は立派になること!」と語るタモリの美学!今の日本では、「立派になることは、立派なことではない!」恥を恥と感じない輩が多過ぎる!

 

■「自分史って言葉、大嫌いなんだよね」(テレビ朝日「タモリ倶楽部」5月4日放送)■

 

ある文庫本の裏表紙にある「自分史上最高の――」などという“ウラスジ”を紹介中、タモリ(72)が、わざわざ割り込んで漏らした言葉を今週は取り上げたい。 タモリの座右の銘が「適当」であることは有名だ。他にも「現状維持」「俺は努力ということをしない」などを挙げることもある。共通することは「頑張って向上する」ということを拒否した言葉だ。

「何か何時も、みんな何年後かに私はこうなりたいとかいうでしょ。目標を持って努力して頑張ることが、いいことのように言うけど、いつも違和感があったんだよね」(フジテレビ「エチカの鏡」09年2月1日)

 

タモリは意外なことに中学の時、短距離走の選手になりたかったという。だが、いくら努力してもライバルに勝てなかった。そこで悟るのだ。世の中には努力ではどうにもならない事があるのだと。

大学ではマイルス・デイビスに憧れ、トランペット奏者になりたくてジャズ研究会に入るが、「マイルスのトランペットは泣いてるだろう。おまえのトランペットは笑ってるんだよ」と言われ、司会役になったことは有名な話だ。 自分としては不本意だったが、そこで彼の才能が開花し始めた。それが後に「笑っていいとも!」(フジテレビ)の司会者として花開くことになった。そうした経験からタモリの根幹には「なるようにしかならないし、なるようにはなる」という思想が形成されていったのだろう。

 

タモリが「反省しない」ことも、また有名だ。生放送の帯番組「笑っていいとも!」が30年以上続いたのは、反省しなかったからだと常々語っている。「人間、行き当たりバッタリがいちばんですよ」(講談社「MINE」98年9月号)と。

日々反省し、それを糧にして夢や目標に向かって向上していく。それが、立派な人間だと世間では言われている。けれど、タモリはそれを真っ向から否定する。

 

「人間の不幸は、どだい、全体像を求めるところにあると思うんです」(飛鳥新社「話せばわかるか―糸井重里対談集」83年7月発売)

過去を大事にし、未来を夢見るとき、人は現在を否定しがちだ。タモリは違う。赤塚不二夫イズムで「これでいいのだ!」と現在を肯定していく。そこに「自分史」のような全体像なんて関係がないのだ。

 

「人間にとって一番恥ずかしいことは、立派になるということです。僕にダンディズムがあるとすれば、このへんですね」(「週刊読売」95年1月22日号)

現在日本には、「立派になる」ことは、「立派なことでは無い」のではないか!? 国会においては、嘘は堂々と罷り通る。嘘をついても何ら責任を取らない。およそ為政者としての、自覚もなく、己の利益に固執し、民の存在など視界に無く、悉く民の困窮状況を助長し、加えて、国際政治においても、国益を損なう展開で、国民は増々窮地に立たされる。こんな状況が波及し、日本の端々で、モラルの低下が非常に目立つ。日大アメフトの反則問題など、一連の政治不祥事と全く同じ構造である。いま日本において、「立派になる」という事は、全然立派でも何でもない。

 

■プロフィール てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―■

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <   >

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/229454/1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%83%AA&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large