コーチに責任擦り付け!日大常務理事は一時謹慎!実はもう一社の取締役!優遇された地位を守るのに必死!反省の色無し!

 

 

日大アメフト部の内田正人前監督(62)が23日、井上奨コーチ(30)を同席させ、緊急会見を開いたが、認めたのはコーチが「相手QBを潰せ」と指示した事だけ。内田氏本人は「指示は出していない」と言い張っている。しかし「誰にも信じて貰えないと思うが・・」という、極めて自信のないいい振りである。ある種の後ろめたさを持っているかのような発現だ。」

 

これら日大の対応は、安倍内閣の対応との共通点が多い。部下に責任をすべて押し付け、御大はめでたく「無傷(監督は辞めたが)」で、ノウノウと延命。コーチは、罪を被って敢え無く辞任。

 

元監督は、あくまで悪質タックルへの指示・関与を否定したが、内田氏が守ろうとしているものは何なのか。

内田氏は既に辞任した監督職と、一時的な謹慎を表明した学校法人日本大学常務理事に加え、2014年2月から聞き慣れない会社の取締役に就任していた。

「株式会社日本大学事業部」――。会社の本店は世田谷区の閑静な住宅街にひっそりと立つ、古ぼけた3階建ての建物。

 

同社のホームページによれば、事業内容は日大の公式グッズや日大生向けの保険、事務用品の販売から学生寮の管理・清掃まで。日大生の生活を“食い物”にしてビジネスを展開しているのだ。民間調査会社によると、売り上げは年々増え続け、昨年は約70億円。13年から約9倍もの急成長だ。内田氏の懐にもかなりの額が入っていたことだろう。

 ☝ 日大の幹部の方は、謝り方を知らぬ!

4、5年前に、内田氏と一緒に勤務していたという同社の元取締役はその働きぶりをこう話す。

 

「大学の理事会や常務会で何度か見かけましたが、会社で見ることは殆どなかった。口数の少ないおとなしい人で、見かけた時は黙々と仕事をしていた。宴会でも余り酒を飲みませんでした」

 

同社に内田氏の取締役就任の理由など質問状を送ったが、期限までに回答はなかった。

 

噴飯会見後、内田氏は日大病院に入院。理由は心労だという。ホトボリが冷めるまで病院に逃げ込むとは、まるで政治家。「カネのなる木」の役員の座を譲る気はなさそうだ。

☝一身に親分を庇い、犠牲になった!

 しかしその優遇された地位も、本人の希望通りにはいかず、引きずり降ろされる可能性が強い。世間では、選手の率直な謝罪・反則行為に至る経過説明に、信憑性を寄せており、内田元監督の言い分は全く信用されていない。責任を感じて居らず、預かる部員には思いを寄せておらず、自身の地位に固執しているのみである。

 

自ら引き起こした不祥事で、世間を騒がせた挙句、心労で検査入院という醜態。選手には「反則技を繰り出すほど」根性論を押し付ける元監督自身は、自説とは相違して、まるで根性がない、それでは只の卑怯者ではないか!? こういう「お人」はさっさとお引き取り願いたい。(今の世の中、こんな人が実に多い!)

 ☝ M君は、経過を率直に表明し、謝罪の気持ちを表した!

 

日大の今回の事件の、元監督・元コーチの対応は、現政権と共通する点が多い。国民無視の政権。地位に固執する首相! 預かる学生無視で自分の地位に固執する元監督。

日大は、全国で2大学しか存在しない「危機管理学部」を持つ大学であるが、大学サイドの人間が、危機の原因を作り、対応の拙さから、危機を一層拡大し、全然危機管理が機能していないのは、何とも皮肉なことだ。因みに危機管理学部をもつ、もう一つの大学は「加計学園」であるというのも、何か現在を象徴しているようで、壮大な「ブラックジョーク!」である。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/229727

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%86%85%E7%94%B0%E5%85%83%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%81%AE%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BC%9A%E8%A6%8B&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large