<森友交渉記録>麻生財務相の引責焦点 与党、世論を注視!党運営しか眼中になく世論無視!

財務省が学校法人「森友学園」との交渉記録の廃棄を進めていたことが明らかになり、野党は麻生太郎副総理兼財務相の辞任要求を強めた。安倍晋三首相は政権のキーマンの麻生氏を守る構えだが、加計学園による獣医学部新設問題も再燃する中、すべてを官僚の責任にして世論を納得させるのは難しくなりつつある。

 

国民民主党の玉木雄一郎共同代表は23日、「1年にわたる政府の説明は虚偽だった。歴史に残る大事件だ。財務省の最高責任者である麻生氏の辞任は免れない」と記者団に語った。

9月に予定される自民党総裁選で3選を目指す首相にとって、盟友の麻生氏の支援は欠かせない。23日の衆院厚生労働委員会で首相は「(記録が)残っていないというこれまでの財務省の答弁と異なっており、誠に遺憾だ」と財務省を批判したが、麻生氏を続投させる考えは変えなかった。菅義偉官房長官は記者会見で「国民から厳しい目が向けられていることを真摯(しんし)に受け止め、麻生氏の指揮の下で徹底調査を行い、再発防止に努めてほしい」と改めて表明した。

 

首相に近い自民党議員は「首相は麻生氏を最後まで守り、麻生氏も辞める気はないだろう」と語る。自民党麻生派と二階派の幹部は23日夜、東京・赤坂の飲食店で会合を開き、麻生氏の続投を前提に両派で政権を支えることを確認した。

ただ、麻生氏は前財務事務次官によるセクハラ疑惑を巡る一連の発言で物議を醸しており、首相が麻生氏を庇う事への懸念は与党内にもある。公明党の石田祝稔政調会長は記者会見で「省のトップには全てにおいて責任はある。麻生氏は説明責任を果たしたうえで、様々なことを考えるのではないか」と距離を置いた。

 

財務省は近く、森友学園に関する決裁文書の改竄問題で内部調査結果を公表する予定で、麻生氏の進退が引き続き焦点になる。自民党関係者は「交渉記録にそれほど新しい内容はなかった。今後、各社の世論調査がどうなるかだ」と語った。

防衛省のイラク日報問題に関する調査結果も23日に公表された。政府関係者は「首相官邸と自民党が調整し、財務省と同じ日にした」と明かす。立憲民主党の辻元清美国対委員長は党会合で「疑惑のてんこ盛り定食だ。資料をいっぺんに出せば、ごちゃごちゃにしてごまかせるという意図ではないか」と安倍政権の手法を批判した。

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <毎日新聞【村尾哲、立野将弘】>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000112-mai-pol

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%A3%AE%E5%8F%8B%E4%BA%A4%E6%B8%89%E8%A8%98%E9%8C%B2&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large