当たり前に「ラーメン一杯」を完食出来た時は涙が出た! 藤原組長(プロレスラー)の胃がん闘病記! がんはラッキーだ! 心筋梗塞・脳梗塞は一発OUTや!がんには時間がある! 

「残念な結果が出ました」掛かった医者が電話の向こうで言い放った! 藤原喜明さん(69歳=以下藤原組長と称す!)はガーンと打ちひしがれた!3日前に胃カメラ検査を受けた病院からで「胃がんが見つかった」とのことだった。 「4センチ大、ステージ<3a期>で、5年生存率は当時41.8%ぐらいだったなあ! そりゃショックだったでえ」

だけど割と直ぐに立ち直った。考えてみりゃ死ぬっていっても誰でも一度は死ぬわけだから、それが30年後か明日かの違いしかない。「どうせ死ぬならカッコよく死んでやる」と思ったね。

検査を受けたきっかけは、「ひょんなことで知り合った人」の快気祝いで食事したとき、彼のお母さんに「あなた、お箸の使い方が下手ね。お母さんに教わらなかったの?」と言われた事だった。 当時、右肘を壊して指先もうまく動かせなかったから、ちょっと「カチン」と来てケガの状態を話したんだ。すると「いい病院があるから紹介して上げる」と言われてね。肘も限界だったから、ちょっと遠かったけど行って手術を受けたんだ。

本当なら1週間入院のところを「1週間後に抜糸に来る」という約束で、1泊で退院。そのとき「抜糸でまたここまで来るなら」と大腸内視鏡検査を予約して帰った。で、検査を受けたら又、「結果は1週間後」と言われたので、「結果だけ聞きに来るのも何だなあ」、今度は胃カメラ検査を予約して帰ったんさ。

俺は病院嫌いだから、自慢じゃねえが、健康診断は何十年も受けていなかった。「お箸が下手」と言われなかったら検査なんてしなかったし、医者には「あと1カ月遅かったらもうあの世行きだった」と言われたから、あの「カチンと来たかあちゃんは命の恩人」だな(笑い)。

手術では胃を半分切って、胆のう、胆管を切除。さらに逆流性食道炎にならないように小腸を何センチか切って食道に繋げたらしい。本来なら胃の全摘が理想みたいなんだが、プロレスをやるためには胃は残した方がいいという先生の判断だった。「絶対カムバックするだろうから」と先生が知恵を絞ってくれたんだ。

胸の下から臍の下までガッツリ切ってるから痛くない訳ないんだけど、集中治療室で看護師さんから「痛くありませんか?」と聞かれる度に「大丈夫です」と言い続けていた。俺丈じゃ無え、みんなガマンしていると思ってたからさ。術後4日も経ってからモルヒネっていう痛み止めがあることを知って、使ったら、まぁよく眠れたよ(笑い)。 抜糸は普通、術後2週間ぐらいらしいんだけど、俺は4日で抜糸、2週間で退院という異例の早さで回復できた。もともとの回復力が異常に高い上に早くからリハビリもしたからね。プロレスラーでよかったよ!

看護師さんに「寝たままだと腸が動かなくて癒着するから」と言われ、手術翌日から点滴棒を引きずって、出来る丈歩いたよ。その翌日には階段の上り下り。すれ違う看護師さんに二度見されたとき「ざまぁみろ、俺はプロレスラーだ」と内心ガッツポーズだった。

 

■ラーメン一杯を完食して涙が出た!普通の生活っていいなと思ったよ!■

ただ、食事は薄味で物足りなかった。だから本当はダメなんだけど、コンビニで梅干しやおでんやプリンを買い食いしてたよ。1週間もすると脂っこいものがどうしても食べたくなり、病院を抜け出して豚骨ラーメンを食べに行ったんだ。だけど、半分ぐらいで気持ち悪くなってトイレで吐いた。ショックだったよ。 その4日後ぐらいにギョーザを食べにいったら、ギョーザは1皿半食えた。まさか食えると思わなかったからうれしかったな。でも、ラーメンはなかなか食べられなくて、完食できたのは手術から5カ月後だった。「ラーメン一杯食えた!」ってうれしくて本当に涙が出たよ!

退院後は抗がん剤治療があった。強烈な薬を8クール。つまり、3週間飲んで1週間休むのを8回だね。その後、軽めの薬を毎日、2年間飲み続けた。それはマジメに実行したよ。でも、筋トレしても全然筋肉がつかなかった。抗がん剤は、新しい細胞を作らない様にする薬だから当たり前だよ!粘膜も弱くなって目は痒いし、歯茎から血が出るし、大変だったよ。

(抗がん剤は、勿論がん細胞も攻撃がするが、細胞分裂が早いところを同時に攻撃してしまう!即ち口蓋、食道、胃、腸、増毛細胞、造血細胞などなど。口内炎、歯茎からの出血、吐き気、脱毛、造血細胞の産出の低下などが起きる)

 

一番おっかなかったのは“ダンピング症状”ってやつ。胃が小さい分、小腸で多くの糖分が吸収されるから血糖値の上下が急激らしいんだ。食事して2~3時間後、急激に血糖値が低下して気持ち悪くなる症状なんだけど、そんなことがあるなんて知らなかったから、初めてのときは死ぬかと思った。車の運転中だったからね。今は黒砂糖とコーラを常備して対処している。

病気から学んだことなんて何もないよ(笑い)。強いていえば、何でもないことが幸せの1つだと感じるようになったことかな。たとえば、“朝、アレが立ってる”とかな!アレといっても茶柱だぞ!はっはっは。何考えてんだ! ただ「ピンピンコロリ」ってあるだろ!そりゃあ!「がんになればショック」だがな!? 心筋梗塞や脳梗塞で死ぬより、がんになった方がよっぽどマシだぞ! なんだかんだ言っても、今日・明日死ぬってことは無い!その間対処の仕方はいろいろあるし、その間やり残したこともやる事もできる! がんになれば、「それどころではない」と思うかも知らんが、どうせ死ぬんだ!そうならコロリより、余裕が取れるがんの方が、余程いい! そう思うことが「がんの治療」にプラスにもなる!「ものは考えようだ! はっはっは! 悲観は病気を悪くする! 笑いは免疫力をアップする!

 

▽ふじわら・よしあき(プロフィール) 1949年、岩手県生まれ。23歳で新日本プロレスに入門し、アントニオ猪木のスパーリングパートナーに抜擢される。「関節技の鬼」の異名を取って人気を博した。1991年「藤原組」を旗揚げしてフリーに転身。プロレスラーとして現役で活動しつつ、俳優、声優、イラストや陶芸などのアーティストとしても活躍している。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ(愉快な病人たち)

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/233569

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%81%B5%E3%81%98%E3%82%8F%E3%82%89%E3%83%BB%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%82%E3%81%8D

 

 

藤原義明,プロレスラー,藤原組長,がん,がん治療,ピンピンコロリ,抗がん剤,手術,心筋梗塞,脳梗塞,ダンピング症状,血糖値,笑い,免疫,免疫力アップ,気持ちの持ちよう,