安倍首相を悩ます“杉田発言”! 切るに切れず、股裂き状態!処理如何によっては、総裁選に悪影響も!3選に黄信号灯るか?!

 

「LGBTは生産性がない」と発言し、炎上中の杉田水脈衆院議員(51)。自民党が2日、「問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現がある」として、杉田氏に今後注意するよう指導したとの党見解をホームページに掲載したものの、すでに米CNNや英紙インディペンデント、仏紙ルモンドなど海外メディアまで問題視し始めている。

CNNは先月26日付の電子版で〈(安倍首相は)杉田議員の発言について論議することで、党内で波風を立てることを避けている〉とテンプル大学教授の発言を引きながら、批判を展開している。

実際、CNNが指摘した通り、安倍首相は“杉田水脈発言”についてダンマリを決め込んでいる。ヘタに触ったら、総裁選に影響しかねないと分かっているからだ。

何しろ批判は収まる気配がなく、「党本部や地方県連にも抗議電話が殺到している」(自民党関係者)。日刊ゲンダイが、杉田議員の出身地である兵庫の自民党県連に問い合わせると、「『杉田議員の事務所の連絡先を教えろ』という問い合わせが数件あった」という。

 ☝ 総裁選の争点にもなる可能性がある!

 

地方選出の自民党中堅議員はこう言う。「地元に戻ると、杉田さんの発言について『いくら何でもヒド過ぎる』と文句を言われ迷惑しています。さすがに総理も頭を悩ませているようです」 安倍首相周辺が焦っているのは、安倍応援団には杉田議員と同じ考え方の者が一定数いることだ。バッサリ切り捨てたら、安倍応援団が離れかねない。かといって放置していたら自民党への批判は強まっていく。

 

■高千穂大教授の五野井郁夫氏(国際政治学)の見解■

「一部では、杉田議員をスカウトしたのは安倍首相周辺だったと報じられています。それだけに、安倍首相は厳しく処分できないでいるのでしょう。一方、総裁選の対立候補と目されている石破茂議員は、きっぱりと『杉田発言は許してはならない』と批判しています。論点が明確になったことで、一大争点になってもおかしくありません。東京五輪のホストとしてどちらが相応しいか、総裁選の行方に影響する可能性は十分考えられます」

ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、嘗てネット番組で「安倍さんがやっぱりね、『杉田さんは素晴らしい!』と言った」と、杉田議員をスカウトした安倍首相を持ち上げていた。杉田氏の発言を認めないなら、安倍首相は杉田議員を除名すべきだ。

(私見)

杉田議員は、安倍首相が、その思想性に、OKを出して、参院選立候補者に据えた経緯がある。丁度稲田朋美前防衛大臣と同じ経緯だ。要するに、基本的に自分の思想と同一性を認めたということだ。今回の人格を「生産性」で判断・評価するという主張は、基本的人権の考え方を、根底から否定するものとして、各界から大批判を受けた。とはいえ、従来の首相の考えそのものだし、かといって批判を躱すために、水脈議員を除名するとかも出来ないというジレンマに陥っているのである。これでは首相及び杉田議員は、お互いが、お互いにとって、最も生産性の悪い立場になろうと言うものだ!

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/234581

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%9D%89%E7%94%B0%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%99%BA%E8%A8%80%E3%81%AE%E6%B3%A2%E7%B4%8B#mode%3Dsearch