「残業代ゼロ」合意見送り=連合、容認撤回を決定―労基法改正案! 

 

 

連合は27日午前、札幌市で臨時の中央執行委員会を開き、高収入の専門職を労働時間規制の対象から外す新制度の導入を盛り込んだ労働基準法改正案の修正をめぐり、政労使による合意を見送ることを正式に決めた。

 

連合傘下の労組の間では、執行部が十分な意見集約を行わないまま、法案修正に向けて政府と調整を進めたことへの反発が根強い。こうした声を踏まえ、労基法改正を事実上容認する方向に傾いた従来の方針を撤回した。

 

関係筋によると、執行部は冒頭で一連の混乱を招いたことを陳謝。中執委では責任論に言及する声はなかった。同日午後に記者会見した神津里季生会長は、政労使合意の見送りについて「中執委で満場一致で決めた」と説明。「(改正案容認という)誤解が誤解を招く状況を引っ張るわけにはいかない」と述べた。

 

執行部は中執委で、「残業代ゼロ法案」などとして労基法改正案に反対してきた姿勢は変わらないとしつつ、労働者保護につながるとの観点から政府に修正を要請した経緯を説明。政労使の3者による修正部分のみの合意を模索したが、組織内の反発や異論が多いため合意の受け入れを見送る考えを伝えたもようだ。

【私見】

連合は「労働者の味方」ではなくなってきている。労働貴族化しているということだ。そういうものに依拠せざるを得ない「民進党」も支持基盤を失うのは必然!本来の機能が発揮できないばかりか、本来の「戦う先」と迎合しているのだから国民から見放されるのも無理はない。この自民にして、この「野党」ありなのだ。一緒に沈む運命にある。

 

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <時事通信>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000030-jij-bus_all

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%8A%B4%E5%9F%BA%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3%E6%A1%88+%E9%80%A3%E5%90%88&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large