安倍首相統治形態=1強政治に反発している国民は69%(朝日新聞世論調査)自民党内では鉄板の支持率かも知れないが、石破氏戦い方によっては活路あるかも! 

 

安倍晋三首相が大きな力を握る「1強政治」について、朝日新聞社が4、5両日に実施した全国世論調査(電話)で是非を問うと、「よくない」が69%で、「よい」は17%だった。自民支持層も55%が「よくない」とした。官僚による首相や首相官邸への忖度(そんたく)については64%が「行き過ぎていると思う」と答えた。

森友学園や加計学園の問題で、安倍首相が国会で「説明責任を果たしていない」は77%にのぼり、「果たした」は14%。「果たしていない」は自民支持層でも63%、無党派層では82%に達した。

 

野党への世論の視線も厳しい。自民への対抗勢力として野党に「期待できない」が80%。「期待できる」は11%にとどまった。立憲支持層に限っても67%が「期待できない」。立憲の政党支持率は6%で、昨年の衆院選以降で最低だった。

 

東京五輪・パラリンピック期間中の暑さ対策として、標準時を2時間早めるサマータイムを導入することには、賛成53%、反対32%だった。

内閣支持率は38%(前回38%)、不支持率は41%(同43%)だった。6カ月連続で、不支持が支持を上回った。

 

(私見)

安倍1強とよく言われるが、それは首相自身が、マスコミの言論統制・官僚の人事掌握に依る必罰人事体制などにより「作られた統治形態」だと思う。そこには忖度を呼び、首相に批判的な言動が取れない独善的体制と言ってよい。しかし政治手法は、独善で、一方的であり、自民党の中でさえ、表には表れていないが、55%の「よくない」が存在する。

総裁選も、国会議員枠に至っては、早くも3分の2は固めたといわれるが、石破氏の立候補が、確実視されている中、氏の戦術次第では、善戦できる可能性があるとの見方も可能。これまでの、嘘・改竄・隠蔽、公文書書き換え、国有財産の不当値引き、背任,マスコミの不当介入,責任転嫁、責任回避、公務員の不当人事,夫人の公私混同,国会答弁の不誠実対応等などによる(潜在的)反発は大きい。自民党としても、此の儘「1強」とやらを貫いた場合、党内では1強かも知れないが、党の枠を外し拡大した場合の首相の評価はガタ落ちの可

能性もある中、それにより、自民党自体の地盤沈下に直結する場合だってあり得る。故に総裁選も対立候補を立て、堂々と議論を尽くし、「糺すものを糺す」という姿勢を打ち出し、国民に披瀝し、プロセスを見せておく必要がある。首相は1強などと現を抜かしていると、思わぬ事態を招く可能性だってある。自分個人に拘り過ぎ、公を忘れれば待っているのは転落という事態だ!

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News(朝日新聞)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000007-asahi-pol

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2RivcOZ5GJbHgYAwBSU3uV7?p=%E5%AE%B6%E8%A8%88%E5%AD%A6%E5%9C%92%E5%8D%92%E6%A5%AD%E5%BC%8F%E3%80%80%E3%80%80%E5%AE%89%E5%80%8D%E9%A6%96%E7%9B%B8%E5%87%BA%E5%B8%AD%E3%80%80%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F&aq=-1&oq=&ei=UTF-8