【自民総裁選】過ぎたるは及ばざるが如し!石破氏人気が急拡大 安倍首相追い抜く勢い!首相「こんな筈じゃなかった!」討論回避が仇!

20日投開票の自民党総裁選をめぐり、有権者の間で石破元幹事長の人気が急拡大し、安倍首相を追い抜きそうな勢いであることが、JNNが、1、2両日に実施した世論調査で分かった。

安倍首相と石破氏のどちらが総裁に相応しいかを聞いたところ、安倍首相41%、石破氏40%となり、その差はわずか1ポイント。無党派層に限ると、石破氏が46%で、安倍首相の29%を大きく上回っている。

安倍内閣の支持率は46.2%、不支持率は52.0%で、6カ月連続で不支持が支持を上回った儘だ。

また、安倍首相が秋の臨時国会に改憲案を提出する意向については、「賛成」は26%に留まり、「反対」は53%と半数を超えた。

安倍首相が成果を強調するアベノミクスについても「実感がない」が実に84%に上り、アベノミクス継続には「反対」が42%で、「賛成」の34%を上回った。

石破氏が言う通り、自民党と国民との“遊離”はますます酷くなっている。

(私見)

憲法も知らず、経済も知らず(エンゲル係数が高いから日本経済は健全化に向かっている)三権分立も、選挙の意味も知らず、自分を国会の長など、恥ずかしくもなくの給う!議事録は、改竄、隠蔽、嘘はつく、友達優遇、歴史無視、責任回避、論戦回避等など、凡そ政治家がしてはならぬことばかり。国民は真相を把握。首相逃げ回り、そもそも選挙自体も理解できず。相手を恫喝、人事で報復。凡そ国民に役に立つことを何もせず、不正を拡大。

こんなことばかりをやっている首相は、国民に支持される筈がない。そこへ石破候補が、当たり前のことを持ち出し、「正直・公正」というスローガンを出せば、今まで隠し通してきたことを、一々暴き立てられてしまうので、安倍首相は溜まったものじゃない。それが国民に受け入れられる「拍手喝采」の結果的に結び付くのである。斯くして国会議員の80%を支持している、自民党そのものに跳ね返り、自民自身の凋落を呼び覚ます。今後時が経つほど、この傾向は際立っていくとすれば、安倍1強は崩れだす。国民を無視した当然の報いだ。予想外の結果が出れば、当選はしても、今までのような独裁的政治は出来なくなる。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/236801

画像元 yjimage