総裁選出馬に先駆けて「薩摩と長州で力を合わせ、新たな時代を切り開いていく」と語り、その心境を読む一句が「薩摩を侮辱する短歌」を投稿するというチグハグ!安倍首相の「教養」とは!?

「我が胸の燃ゆる思ひにくらぶれば煙はうすし桜島山」――。この短歌は、安倍首相が27日、漸く総裁選の出馬宣言をした際、その決意と共に自身のツイッターに投稿したもの。もともとは幕末の志士である平野国臣が詠んだ歌だ。この歌意を巡って、「安倍首相は意味を理解しているのか」と嘲笑する声が飛び交っている。またもや!

「我が胸の――」は、関西吟詩文化協会によると<私の心のうちにある熱い尊王攘夷への情熱にくらべてみると、あの黒黒と噴き上げている桜島の煙など、まだまだ薄いものよ>という意味。この歌は、福岡藩士だった国臣が薩摩藩で攘夷活動をしようとしたが拒まれた為、薩摩への失望を込めて詠んだと言われている。要するに、薩摩にとって良いイメージのものではないのだ。

安倍首相が嘲笑されているのは、態々鹿児島県の桜島をバックにして総裁選への出馬を表明しながら、同時に、薩摩を嘆く短歌を投稿しているからだ。歌の意味を知らずに、「桜島」という単語が入っているという理由丈で選んだのは明らかだ。いやはや自ら無教養ぶりを開陳してしまった。

国臣の短歌の意味や引用した理由を安倍事務所に問い合わせたが、期日までに回答はなかった。

それにしても、この首相は教養がなさ過ぎる。昨年の参院本会議で「云々」を「デンデン」と読み、画一的を「がいちてき」と発言したのは記憶に新しい。寄せ書きの巨大ボードに「成長力」と書いたときには、「てん」と「はらい」のない未知の「成」の字を披露。党首討論で「ポツダム宣言を読んでいない」と無知を暴露し、法学部卒でありながら憲法学の権威である芦部信喜東大名誉教授の名前すら知らなかった。「エンゲル係数が高いから、日本経済は成長している」「現職がいるのに、選挙に出馬するのは現職に辞めろと言っているに等しい」等と堂々と言い切った人である!

子どもの頃から勉強が全く出来なかったそうだが、「行政府の長」たる人が、こんなレベルでいいのか。政治評論家の本澤二郎氏がこう言う。

「安倍首相の悲願は憲法改正ですが、無教養な人が憲法をいじくる程恐ろしいことはない。憲法丈でなく、歴史も分かっていない。薩長、薩長と威勢よく口にしていますが、幕末の歴史をきちんと勉強していれば、そう軽々しく連呼できない筈です。薩長に敗れた会津や東北を蔑ろにしていると思われ兼ねないからです。そんな背景まで考えが及ばないと思われる。安倍首相に教養を求めること自体、無理な話なのでしょう」

安倍首相は「美しい日本」を標榜してやまない。だったら、少しは自国のことを勉強すべきだ。首相についてこんなことを書かなくてはいけないことは、日本にとって誠に不幸なことだ、

(私見) 出馬会見を、桜島を背景に、態々NHKに中継させ演出した思惑が、自らの無教養さによって、台無しにしたばかりか、またもや墓穴を掘ってしまったのは、何とも皮肉。教養以上の背伸びをしても、こういうことになるのがオチだ!

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/236686

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E7%B7%8F%E8%A3%81%E9%81%B8%E5%87%BA%E9%A6%AC%E5%AE%A3%E8%A8%80%E3%81%A7%E8%A9%A0%E3%82%93%E3%81%A0%E7%9F%AD%E6%AD%8C%E4%B8%80%E5%8F%A5