新潮45は限りなく廃刊に近い休刊…杉田水脈氏は逃げの一手!言論人を自認するなら堂々と持論を展開せよ!

新潮社は25日、LGBTに関する論文掲載をめぐり批判を浴びていた月刊誌「新潮45」を既刊の10月号迄にして以後休刊すると発表した。 同誌は8月号に「LGBTの人々には生産性がない」などと主張した自民党の杉田水脈衆院議員の寄稿を掲載した。国内ばかりか海外からも批判が殺到する中、同誌は10月号で「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と杉田氏を擁護する特集で見境なく反撃。これが火に油を注ぐ結果となった。

同号は完売の書店が相次ぐなど異例の売れ行きを見せたが、「炎上商法だ」との批判も招き、ついに「限りなく廃刊に近い休刊」に追い込まれた。「売れればいい」というのは、自ら「言論界」での存在を否定したに等しい。

国民民主党の玉木雄一郎代表は同日、「(杉田議員について)何ら処分をしていない自民党の体質が問われる問題だ」と自民党の対応を批判したが、「新潮45」休刊の張本人の杉田議員は今どうしているのか。

「ツイッターは「8月2日以後」はプッツリ。永田町にはいますが、記者に取材されると顔を背けてダンマリです。安倍首相が『まだ若いから』と擁護する甘い対応なので、本人はホトボリが冷めるまで逃げていればいいと思っているのではないか」(自民党事情通)

こんな人物が議員でいるのは税金の無駄遣い。一刻も早く進退を明らかにすべきだ。

(自論)

杉田氏を処分するという話が一時流れたが、安倍首相の持論と全く同一な杉田氏を処分するとなると、首相にも累を及ぼすことになるから、自民党は絶対処分など出来ぬ。自民党には、「多様性を認める」党だそうだが、なるほど「そもそも国民に人権を認める等というのはおかしい!」「国民の生活が第1等という政策は間違っている!」など平然と言い放つ多くの国会議員を抱える自民党の事ではある。

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/238244/1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%96%B0%E6%BD%AE45%E4%BC%91%E5%88%8A&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large