安倍首相の命とり!米金利下げで超円高に アベノミクス株バブルが弾ける日!今日まで言い逃れでここまで来たがこれ1発でOUT

浮かれているは今のうち――。28日の日経平均株価は、一時、ほぼ27年ぶりにバブル経済崩壊後の高値を更新した。また為替は、1ドル=113円台半ばまで円安が進行。市場は大ハシャギだが、所詮はアベノミクスが繕う「虚構の産物」だから、弾けるのも遠くない。

終値は前日比323円高の2万4120円。新聞・テレビは「実体経済も底堅い」と報じているが、ホントにそうなのか。空前の好景気であれば、世界が驚くような大ヒット商品が出ていても不思議じゃない。だが、そんな商品やサービスは何一つない。むしろ、肌感覚の経済はその逆で、地銀は半数が2期連続赤字だし、日立製作所だって自社ブランドテレビの国内販売からの撤退を明らかにしたばかりだ。にもかかわらず、なぜ、株高なのか。経済評論家の斎藤満氏がこう言う。

「日銀の金融緩和による円安誘導で、輸出に追い風を吹かせる一方、GPIFや日銀の株大量買いで株高をキープしているだけ。企業が魅力的な商品開発やサービスを生み出したり、力強い需要に支えられているわけではない。企業も景気の脆弱性を分かっていて、今のうちにと内部留保をため込んでいる」

つまり、ジャブジャブになった大量のカネが行き場がなくて株に流れているだけ。実体のない株高に過ぎないから、何かあればすぐコケる。もっとも困るのが円高だが、その足音はすでに聞こえつつある。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は、今年3回目の利上げを決定。今後の利上げについて12月にあと1回、19年は3回、20年は1回との見通しを示した。

「トランプ大統領の減税効果はせいぜい来年まで。FRBは成長率を、18年の3・1%から、19年2・5%、20年2・0%、21年1・8%と減速の見通しを示しています。20年以降は、“利上げ止め”で済まず、いつ利下げされてもおかしくありません」(兜町関係者)

一方、日本は金融緩和見直しで、利上げ容認の方向だ。つまり、米国の金融緩和と日本の金融引き締めという“円高要因”がダブルで同時に起きかねない。

「そうなると、急激かつ大幅な円高が進む可能性があります。輸出は大打撃を受け、株安が進む。GPIFの株の運用でも損失が出るので、年金資金も減ることになります。かといって、国債が暴落(金利アップ)し、財政赤字は拡大するので、景気対策も打ちにくい。踏んだり蹴ったりです」(斎藤満氏)

日本経済がメチャクチャになる頃、安倍首相は3選で有頂天。早くクビをすげ替えないと大変なことになる。

【私見】

安倍首相は、日本の現状を分かっているのか。いろいろとぶち上げるが、何もかも国民無視! 打つ手は結局「自分の延命」なのだから、国民は溜まらない!

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/238523

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%AE%89%E5%80%8D%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%A0%AA%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB%E5%BC%BE%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%8B&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch