「住宅ローン借り換えって得? 面倒くさい?」 やれば数百万単位でお得になる事も!

うちも「住宅ローン借り換えってお得?」やってみる?

 

【はじめに】

住宅ローン低金利時代。

マイナス金利の影響でさらに低金利が進み10月15日時点で固定金利も1%を下回り、変動金利は0.49%と驚異の低金利となっている。

すでに住宅ローンを組んでいる人からの質問で多いのは…①住宅ローンを借り換えると安くなるの?・② 住宅ローンの借り換えって大変?ということ。借入残高や残りの借入期間、借入時の金利によっても異なるが金利が少しでも下がる事で総支払額に大きな差があることは事実です。当初の借入時には金利を気にしていなかった人でも、数年、支払いをしていて、自分が借りている金利よりも低い金利を耳にすると気になることだろう。では借り換えにはどの様な効果があるのか?

 

【宅ローン借り換えの効果】

家やマンションを買うタイミングは多くの方が一生に1度のこと。初めての大きな買い物で戸惑うことも、知らないことも多く、銀行や金利の比較をして、じっくり検討した人は少ないのではないか?

「建設会社や不動産屋から勧められた銀行で」、「ローンが通りやすいところで」

など、とにかく借りられるところを探すとう事が多かったのではないかと思う。住宅ローンの借り換えの場合は時間に余裕があるので金利の低い銀行だけでなく、借り換え手数料やその後の繰上げ返済のしやすさなど比較検討をすることが可能だ。

yjimage-5

【借り換え手数料】

・ 事務手数料・ 保証料・ 印紙税・ 抵当権抹消費用、・ 抵当権設定費用(登録免許税・司法書士報酬)などがある。借入残高によって異るが、3000万円の場合は約80万円、2000万円の場合は約50万円程度の手数料が必要となる。借り換えには手数料がかかりますが、手数料を含めて新たな借り換えをすることもできる為、手持ち資金がなくても金利の低い住宅ローンへの借り換えが可能だ。但し他の借入金がある、転職したばかり等、借り換えが出来ないケースもあるので注意が必要。

 

借入残高:3000万円・残りの借入期間:30年・借り換え手数料:約82万円という条件で「住宅ローンの借り換えシミュレーションをしてみると、月々1万2214円も支払額を下げることが可能で、年間にすると約15万円の節約になり、総支払額も439万円の削減という結果が期待できる。手数料はかかるが、それ以上に効果はあると言える。借入期間が長い住宅ローンだからこそ、金利を意識して支出額をおさえるべきだ。

 

【住宅ローンの借り換えって大変?】

当初の住宅ローン借入時も多くの書類を取り寄せ銀行に何度か足を運び…と大変だった記憶があるかと思う。面倒なことも事実。

yjimage-4

【住宅ローン借り換え手順とポイント】

 

(1) 現在の住宅ローン返済表を確認・(2) 借り換え先の銀行を選ぶ

 

□■ ポイント ■□

(1) 金利が低い銀行を選ぶ・ 手数料は銀行によって異なる徹底的にチェックする。

(2) 借り換え後繰り上げ返済がしやすい銀行を選ぶ(繰り上げ返済手数料が安い銀行を選ぶ)

(3) 希望の銀行へ借り換えの仮審査を依頼

(4) 仮審査

・ OKの場合⇒ 本審査へ

・ NGの場合⇒ 他の銀行を検討

(5) 借り換えができる銀行へ本申し込み

このように銀行探しから書類の準備、仮審査から本申し込みと手間や時間がかかるのは事実です。しかし、上記シミュレーションのように効果が高いのも事実。手間を惜しまず借り換えをすることで家計の負担が軽減できるので検討すべき。

自身で行うこともできますが、借り換えのプロに手伝ってもらうことも可能。銀行選びから書類準備までをサポートをしてくれます。こうしたプロの手を借りることで借り換えの手間や大変さは軽減できるかと思います。

 

【低金利の今のうちに】

現在は低金利が続いるが、今後、日本の景気が良くなり住宅ローンの金利が上がる可能性も当然あります。

 

一度借りた住宅ローンの見直しをしない方も多いのですが家族構成が変わったり、収入(職業)が変わったりと月々の支出・収入にも事情の変化があり得る。支出の中でも、住宅ローンは大きな割合をしめています。ライフプランに合わせて、住宅ローンの見直しもすることは必要。家計簿をつけている方も、5年先や10年先、20年先など将来の家計管理をしている人は少ないのではないか?

 

住宅ローンの借り換えを機に、長期のキャシュフロー表(お金の流れ:収入と支出)を作成するのも良い。キャッシュフロー表により、長期の支出入を把握することができ、また、将来に必要なお金の準備に付けも出来る。長期のキャッシュフロー表についてはFP等に相談することができますので是非活用してみて下さい。

yjimage-8

【まとめ】

月々の固定費を軽減することは中々難しいが、(家賃:住宅ローン、光熱費、食費など)住宅ローンは借り換えによる軽減が充分に期待できます。

借り換えのメリットを活用して、月々の支出を抑えることで貯蓄にまわすことも可能です。低金利の今が住宅ローンの借り換えの良いタイミングだ。長期の家計の見直しとともに検討してみては如何か。

 

引用・参考元 マネーの達人 ・・執筆:藤井 亜也氏

自分の健康は自分で!