ちょっと異次元の世界 ?大阪・西成区の楽しすぎる日常4選

 

全国的になにかと話題に挙がる「天下の台所」こと大阪府。難波や梅田などの中心街はもちろん、アベノハルカスやUSJなど近年注目を集めるスポットが多い。そんなトレンドとはズレるものの、ツイッター上で「ヤバすぎる」と話題の西成区のオススメポイント、しらべぇ取材班が現地に赴いたところ、実際にはしっかり満喫できたので紹介したい。

 

  • ■コスパ日本1  名物「100円お好み焼き」■

関西と言えば粉物、ということでまずはお好み焼きの紹介。新今宮駅がもっとも近くビジネスホテルが立ち並ぶ街の一角、四角公園のすぐ傍にこの店は存在する。150円の玉子1個入り、300円の豚大盛りや豚平焼きなどさまざまなメニューが並ぶ中編集部は、取材班ではもっとも安い100円のお好み焼きを注文した。見た目は至って普通。気になる味は……100円という価格を考えればまったくもって妥当。例えるなら家庭でお母さんが焼いてくれたあの味のよう。加えて肉もキャベツもしっかり入っており、ボリュームも一般的なものよりほんの少し小さい程度なので、かなりお腹にたまり満足できる。下町の住民に愛されているのがよくわかるお好み焼きだ。

 

  • ■1泊約2000円! 激安『ビジネスホテルみかど』■

出張の多いビジネスマンなら一度は使ったことがある「ビジネスホテル」。その中でも『みかど』は、大阪のJR新今宮駅や市営地下鉄動物園前駅から歩いてすぐに位置する好立地だ。

あやしいと感じるかもしれないが、整った部屋から男女時間別で使える大浴場、Wi-fi、コンセント、さらにはアメニティーも充実しているなど、学生からビジネスマンまでその利用になんら問題はない。何より驚くのがその価格。なんと学生1900円、社会人2200円と、圧倒的な安さなのである。梅田や難波へのアクセスも完璧なため、大阪に訪れた際はぜひとも利用頂きたい。

 

  • ■最安1円! もはや名物『スーパー玉出』■

今では全国的にも有名となったスーパー『玉出』。ど派手な外観から「パチンコ屋」と見間違えそうになるが、れっきとしたスーパーマーケットである。もちろん、ただ看板が派手なだけでは、関西人の心をつかむことはできない。スーパー玉出は目玉セールの「1円セール」を推しまくることで、「激安」を訴求してきた。このセールでは、店内で1000円以上の買い物をした客だけが、1円セール商品を1つ購入することができる仕組み。すべての商品が安いが、とくに弁当や総菜類は個性的な料理が多く、それぞれの店舗で独自の商品を提供している。西成では飛田新地付近などに店舗を構え、地元民の胃袋を満たし続けている。

 

  • ■1万円の飴? 高級料亭街『飛田新地』■

最後に紹介するのが知る人ぞ知る高級料亭街『飛田新地』だ。友人、知人伝いで何かとウワサは耳にするものの、その実態は謎に包まれていることが多いのではないだろうか。

 

しらべぇ編集部の雨間ゆうすけ記者が入手した情報によると、①・「客単価1万円以上するのに飴しか出てこない」といった、飲食店とは思えないものもある一方で、②・「どのお店に行っても仲居さんから非常に気持ち良いサービスをしてもらえる」③・「値段に見合ったサービスが受けられる」など、その提供内容に満足する声も。

 

 

 

記事・画像 引用・参考元 Excite News <しらべぇ>

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170114/Sirabee_20161038306.html