オーブンがなくても簡単うまい!絶妙ソースで飯テロライクなローストビーフの作り方

 

top

 

最近では割とポピュラーになってきているローストビーフ。先祖が狩猟民族系だった派の場合には本能に訴えかけられていることだろう。「これはうまいやつです。さあどうぞ」と。

だもんだから流行っているんだろうけども、実は自宅で簡単に作ることができる。しかも火の通し方を変えることで自分好みのローストビーフができちまう。ローストビーフはステーキと違って、店でミディアムとかレアとか選べないからね。

今回はフライパンで作る、ジューシーでおいしいローストビーフと、そのローストビーフを完璧に引き立ててくれる特製ソースの作り方をお伝えしよう。特製ソースは万能選手なので作り置きしといて、いろんなものに使うことができるぞ。

ローストビーフの作り方

(工程時間 下準備・保温時間外で30分前後)
1_e

■材料(完成約300g)
ローストビーフ
・牛肉ももかたまり肉 300g前後
・塩 少々 お好みで
・粗挽きコショウ 少々
・サラダ油 少々
・ニンニク 1個 皮を剥いておろす、もしくは潰しておく
・赤ワイン 大さじ1~2 肉蒸し用(もしくは酒)
ソース
・赤ワイン 大さじ1(もしくは酒)
・玉ねぎ 1/4個
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ1
・米酢 少々 (もしくはりんご酢)
・砂糖 少々 お好みで

■器具
・フライパン
・フライパンの蓋 蒸すときに使用 アルミホイルも可
・アルミホイル  保温に使用

下準備

no title

・牛肉は冷蔵庫から出して30分程室温に戻し、塩コショウとニンニクを塗り15分ほど放置しておく。
・玉ねぎはみじん切りにし、水分を絞っておく。
・ボウルに、ソース用の調味料として赤ワイン、醤油、みりん、酢、砂糖をすべて入れ混ぜておく。
・焼きあがった肉を包むアルミホイルを用意しておく。

肉を焼く

1

・フライパンは中火にしサラダ油を入れ全体にサッと馴染ませたら、牛肉を入れ表面が全てきつね色になるよう1分~2分程焼く。
・赤ワインを回し入れたら弱火にして蓋をして蒸し焼きにする。片面5分たったらひっくり返してもう片面を5分焼く。

アルミホイルで30分保温し、カットしたら完成

2

アルミホイルでしっかり包み30分ほど室温で放置し、お好みの厚さにスライスしたら完成だ。

■ワンポイントアドバイス
・冷蔵庫から取り出してすぐ調理すると、熱が通るのに時間がかかるで必ず常温に戻しておこう。
・レアがお好みであれば蒸し焼きにする時間を少し短めに。ミディアムがお好みであれば少し長めに。ウェルダンならさらに長めに。ただしあまり焼きすぎると固くなってパサパサしてしまうので注意。
・肉の大きさ、厚み、好みによって加熱時間は適宜調節する。

 

ソースをつくる

名称未設定-2

・肉を保温してる間、フライパンに残った肉汁を中火にかけ、水気を絞ったみじん切りの玉ねぎを入れ、やや透き通ってきたら、ソース用調味料を入れ混ぜ1~2分煮たてる。

■ワンポイントアドバイス
・ソースを作り置きする場合には、肉汁を使わず、耐熱容器に玉ねぎを入れレンジで500w1分程温めた後、ソースの調味料を入れ再度1分程温める。粗熱がとれたら冷蔵庫で保存しよう。

 

できちっち!

45_e

肉と相性抜群のクレソン先輩がベストマッチング。クレソンは栄養密度が最も高い最強の野菜である。この組み合わせがたまらんのじゃ。

巷で話題のローストビーフ丼も御覧の通り。

15_e

今回はうずらの卵を使用。卵との相性も激ヤバなのだ。
20_e

 

記事・画像 引用・参考元 Excite News <karapaia>

http://karapaia.com/archives/52233423.html