【さくらプレ紀行第4弾】廣正寺山門脇に見事に咲き誇るエドヒガン桜!

 

既に華のお江戸をはじめ、北陸金沢でも満開の便りが届いた!しかし信州の櫻は遅い!5月の連休を超えた時もある!私は思うのである!フェイスブックでも、YouTubeもやっているのであるが、これだけ全国的に人気のある桜をシャカリキにアップしても中々「いいね」、「アクセス」が取れないのである。

どうしてかなあ! 考えるに、1つは極めて限定された時間内でしか掲載期間が取れないこと。これが意外と大きい理由になっている可能性がある。また北信では、満開の時期は、4月中旬~(下手をすれば5月の連休過ぎになる事もある)なので、東北、北海道を除けば、最も遅く咲く地域なので、信州人がやっと咲いたと、愛でている頃は、大半の人は、とっくに見終わって、関心が薄くなっている頃と重なってしまい、中々アクセスが伸びないのではないかと思う。

 

それで今回は、我が故郷の須坂と、隣の高山村の櫻を「さくらプレ紀行」と勝手に銘打って、アップすることを考えた。実際はまだ咲いていないから、今まで取り溜めた動画・画像ですが、ご案内したいと思います。☜しかし動機が不純!

 

未だ現役のころ、会社の連中に、須坂と高山の櫻を話したところ、「それじゃあ!行ってみよう!」という事になり、ツアーを組んだことがあったが、大好評だった!よろしかったら、今年あたりは北信を訪れては如何!

 

そんな訳で、プレさくら紀行としゃれこんでご案内!第4弾は、須坂市八町の「廣正寺エドヒガン桜の枝垂桜」です・・・・・・・・・・

 

3・.4年前の市報の名所案内で、このエドヒガン桜の紹介記事を見た時に、その立派さが心に残り、「行ってみよう!」と思いたって出掛けたのが最初です。こじんまりしたお寺でしたが、このお寺の魅力は、なんといっても入口の左手にあるエドヒガン桜です。

 

エドヒガンはサクラの仲間では最も寿命の長いもので、従って古木も多いが、幹囲4m以上で幹に傷のないものは少ない。その点、廣正寺本樹は一部枝に枯れた部分もあるが、主幹には傷がなく健在である。日本のサクラの古木として長く保存すべきだ。

幹周4.29m、樹高約17m、枝張りもよい。 エドヒガンの名は、江戸の彼岸の頃が花期であることの名であり、別にアズマヒガンの名もあるが、それは関東の彼岸の頃が花期であることを意味した名であり、さらにウバヒガンの名もある。ウバは老婆のことであり、老婆には歯の無い人が多く、葉の出来ない前に花期となることからの名である。

 

http://mahoroba19.com/archives/170もご覧ください!

 

記事・引用・参考元 文化財検索「天然記念物」

http://www.city.suzaka.nagano.jp/otakara/search/item.php?id=905

画像・動画 Original