いよいよ今夏発売か!? iPhone 8は前面からホームボタンが消えてフルディスプレイになる?

 

 

2017年9月、または10月に発売予定とみられている『iPhone 8』から、ホームボタン(Touch ID)が消えて前面がフルディスプレイになるとの情報が飛び交っています。

 

前面のフルディスプレイ化についての主要な説は以下の2つです。

 

ディスプレイにTouch ID(指紋認証)が内蔵される

ホームボタンが背面に移動する

情報としては先に「1.」の内蔵の話が出回り、次に「2.」の背面移動、そして再び「1.」の内蔵の話が盛り返すといった状況です。

 

この記事ではそれぞれどのような特徴があるのかを解説していきます。

 

  1. Touch IDを内蔵してベゼルレスデザインになる

 

まず、Touch ID内蔵についてですが、こちらはiPhone 8についての情報が出回り始めた当初から噂のひとつとしてあがっていました。

 

噂をまとめると「Appleとしてはホームボタンをなくしてディスプレイを大きくしたいが、Touch IDセンサーを内蔵するには技術的な問題を抱えており、そのためにiPhone 8の発売が遅れている」というものです。

 

この問題の解決が難しいため、「先にiPhone 7sを発売し、後ほど虹彩認証(ユーザーの目の虹彩を使った生体認証)を搭載したiPhone 8を発売するのでは?」とも言われていました。

 

しかしながら最新の情報ではTouch IDを内蔵することで決定し、iPhoneは前面をフルディスプレイ化、そしてフチのないベゼルレスデザインになると伝えられています。

 

2.ホームボタンを背面に移動させてフルディスプレイ化

 

続いてホームボタンの背面移動についてですが、こちらはAppleのロゴの下にホームボタンが存在する図面やモックアップが相次いで公開されてきました。

 

ホームボタンが前面から背面に移動すると、片手でスマホを持ったままの動きでスムーズにロックを解除できるようになります(前面にある現在は一度親指や人差し指を合わせてロックを解除しなければならない)。

 

指紋認証の背面搭載は多くのAndroid端末で採用されているため、この利便性を知っている人は多いと思います。背面移動が事実であれば、これがiPhoneでも使えるようになるというわけです。

 

3ディスプレイサイズの変更が大きい

 

どちらの方式が採用されたとしても、前面ディスプレイのサイズが縦長になります。噂ではアスペクト比は従来の16:9から18.5:9になるそうです。

 

ユーザーとしてはスマホの画面が大きくなるためさらに見やすくなりますが、ベゼルレスになるとしたら落下時の液晶破損が増えることが考えられるでしょう。

 

 

篠原修司profile

IT系フリーライター

1983年生まれ。福岡県在住。スマホメディア『AppBank』元編集長。現在はフリーランスライターとして各メディアで記事の執筆や編集を請け負う。スマホ、ゲーム、VRの情報を追ってます。執筆や取材の依頼は digimaganet@gmail.com まで

 

 

 

引用・参考元 ヤフーニュース <byline/shinoharashuji>

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20170530-00071510/

画像引用 画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B38&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large