作家!杉本苑子さん死去、91歳 歴史小説「孤愁の岸」

 

「孤愁の岸」「滝沢馬琴」など緻密で骨太な歴史小説を発表してきた作家で文化勲章受章者の杉本苑子(すぎもとそのこ)さんが五月三十一日、老衰のため死去した。九十一歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。後日、お別れの会を行う。

文化学院を卒業後、「サンデー毎日」の懸賞小説入選をきっかけに、選考委員だった吉川英治に師事。江戸時代の薩摩藩士による宝暦治水を描いた「孤愁の岸」で一九六三年、直木賞を受賞した。七八年に「滝沢馬琴」で吉川英治文学賞、八六年「穢土荘厳(えどしょうごん)」で女流文学賞。八七年に紫綬褒章、九五年に文化功労者、二〇〇二年には文化勲章を受章した。同年菊池寛賞。

一九八〇年に東京都から熱海市に居を移し、九五年には自宅を文学館とする条件で、著作権を含む全財産を死後、市に寄贈する契約を結んでいた。

杉本さんは本紙に一九七三年八月から一年間、「元禄歳時記」を、八九年一月から同十一月まで「新とはずがたり」を、それぞれ連載した。

 

 

記事・画像 引用・参考元 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201706/CK2017060302000118.html