「塩」と一括りで考えて居てはいけない!ここにも経済的効率主義で生まれた「精製塩」と、「自然・天然塩」が存在する!峻別する必要あり!

 

一括りで考えて居てはいけない!ここにも経済的効率主義で生まれた「精製塩」と、「自然・天然塩」が存在する!峻別する必要あり!

 

現在販売されている塩の大半は化学的に精製が行われており「精製塩」という、人為的にかなり加工された塩であることを知らない人も多い。日本の伝統的な「塩田」塩は極わずか!

この「精製塩」はどのように作られているか?「天然塩」を塩水で洗い、微量ミネラルを態々取り除いた後に、溶解され真空蒸発缶という装置で結晶状にしたものです。精製塩の99%以上が塩化ナトリウムで構成されており、原料は天然塩ですが、含まれている物質は「精製」という化学的製法により、天然塩とはまったくの別物(=ミネラル含有がない)になってしまった代物です。

 

塩には「精製塩」「天然塩」以外には、「再生塩」と呼ばれる塩もあり、塩はかなり多種多様な種類があるのです。以下、塩の種類を整理すると。

◎天然塩

天日塩、平釜塩、岩塩、湖塩に分類されます。

◎再生塩

海外から輸入した天然塩を洗った後に、ニガリなどを添加した物。

◎精製塩

先ほどの説明通り、精製されて99%が塩化ナトリウムになってしまった塩。

 

ここで、注意しなければならないのが、精製塩です。本来人間にとって必須なミネラル分(カリウム、カルシウム、マグネシウム等)が殆ど取り除かれた塩化ナトリウム(Nacl)が99%以上含まれている塩(=塩一般について言っているのではない。精製塩のことを言っている!)なのです。そのため、精製塩のとりすぎは病気のもとになる可能性が非常に高いので注意が必要になります。

逆に言えば、天然の天日塩などは、市販の精製塩に比べて多少多く摂取しても、体に問題ないと言えるのです。さらに言えば、天然塩にはミネラルやマグネシウムなど、人体が欲している物質が多数含まれていますので、ある程度の量の摂取は体に悪いどころか、非常に有益です!

 

元々、日本では非常に質の良い天然塩が多数採れていたのですが、太平洋戦争後にアメリカ軍がやってきて、日本の塩をほとんど規制してしまったのです。その結果、民間で塩を作ると規制違反行為になってしまうため、何もできない状態が続き、天然塩を作る能力がほとんど無くなってしまいました。今はそのような規制も無くなったのですが、規制のダメージは大きく、今尚、天然塩を復活できないところまで追い込まれているのが現状。

市場に出回っている数多くの減塩商品にも注意すべき。塩の旨味を補うために、大量の化学調味料が使われているからです。 そして減塩のため保存性が悪くなるので、添加物も山ほど入ります。そのため、減塩により発ガン性などが上昇している場合もあるので、要注意です。(態々ミネラルを除去しておいて、添加物を使うのでは本末転倒ではないのか!?)

 

それと、高血圧=塩犯人説は根拠がないので、知っておくべき。

 

 

以下参考にしてください。

☆減塩、減塩、減塩は嘘だった高血圧、冷え性の方に必見情報!

URL http://ameblo.jp/sho-esute/entry-10584080231.html

☆根拠のない『高血圧=“塩”犯人説』は嘘!⇒年をとったら血圧は高くてもよい!

URL http://nariwaitomo2010.blog137.fc2.com/blog-entry-149.html

 

 

引用元 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-176.html

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2RiouHtprlZbEYA2huU3uV7;_ylu=X3oDMTBiZGdzYWtnBHZ0aWQDanBjMDAz?p=%E5%A1%A9%E7%94%B0+%E8%A3%BD%E6%B3%95+%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F&aq=-1&oq=&ei=UTF-8