日本経済浮上できず!遂に一般預金者にも“マイナス金利”波及か! 日銀副総裁が言及!

 

とうとう一般の預金者にまで「マイナス金利」が適用されるのか――。先週、日本銀行の中曽宏副総裁が都内で行った講演が波紋を呼んでいる。「適正な対価を求めずに銀行が預金口座を維持しつづけるのは困難になってきている」「口座維持手数料が無料なのが影響している」と語ったのだ。

 

要するに、預金者に「口座維持手数料」という新たな負担を――ということだ。すでに金融機関は日銀に現金を預ける時、手数料を取られ、結果的に「マイナス金利」となっている。日銀は、一般預金者へも「マイナス金利」を適用することを考えていると宣言したと同義だ。

 

「金融機関はどこも、収益力の低下に苦しんでいます。黒田日銀がゼロ金利からマイナス金利にまで踏み込み、利ザヤを稼げなくなったからです。とうとう、メガバンクは大規模なリストラをせざるを得なくなっている。金融機関の収益を改善するには、良し悪しを別にして、手数料を取るしかないということでしょう」(経済評論家・斎藤満氏)

 

しかし「口座維持手数料」を取ったら、預金者から怒りの声が噴出するのは確実だ。いまでも預金者は、ATMで自分の預金を引き出すのに100円、200円と手数料を取られている。(本来なら行員がやるべき仕事を、預金者が代行してやっているというのが真の姿だ!本来なら行員作業代行料として、銀行が預金者に手数料として支払うというのが本来の姿だ!)しかも、日銀が導入した「マイナス金利」のツケを払わされる格好である。

 

■預金者にまで「マイナス金利」を導入したら、なにが起きるのか!■

 

「口座の解約が相次ぎ、タンス預金が急増するのは間違いありません。預金が集まらなくなった銀行は、融資する力を失い、その結果、景気は悪化してしまう。だから、口座維持手数料の導入は難しいと思う。今回、中曽副総裁が発言したのは、マイナス金利を止める為でしょう。黒田日銀は、ホンネではマイナス金利をやめたい。銀行の業績が予想以上に悪化しているからです。でも、自分たちでやめると、マイナス金利政策が失敗だったと認めることになってしまう。そこで、預金者から『口座維持手数料を取られるくらいならマイナス金利をやめるべきだ』との声が強まることを期待しているのだと思います」(斎藤満氏)

副作用ばかり強まり、国民の神経を逆なでするばかりのアベノミクスは、いよいよ崩壊が近づいてる。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <Vew News>

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/218833/1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%A0%90%E9%87%91%E8%80%85%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E9%87%91%E5%88%A9%E9%81%A9%E7%94%A8&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large