衝撃の告知広告! コマツ元社長「胆嚢がん治療しない」の真意!無治療がベストの場合もあり得る!

 

 

「10月上旬、体調不良となり入院検査の結果全く予期せざることに胆嚢ガンが見つかり、しかも胆道・肝臓・肺にも転移していて手術は不能との診断を受けました」

 

こんな一文で始まる広告が産経新聞の社会面に掲載されたのは、11月20日でした。広告主は、コマツ元社長の安崎暁さん(80)。社告ではなく、個人の広告です。前代未聞の内容ですが、そのメッセージはとても重要な意味が含まれています。

 

「私は残された時間をQuality of Life(生活の質)優先にしたく、多少の延命効果はあるでしょうが、副作用にみまわれる可能性のある放射線や抗ガン剤による治療は受けないことに致しました」

 

治療を受けない選択をされた安崎さんは、「元気なうちに皆様方に感謝の気持ちをお伝えしたく」と感謝の会を開催することを決めて、その告知広告を出稿したのです。

 

その方針に驚く人がいるかも知れませんが、決して無謀な選択ではありません。私(中川恵一医師)は、賢明な判断だと思います。例えば、胃がんは早期ならほぼ100%治ります。私も早期の胃がんと診断されたら、手術を受けて根治を目指しますし、患者さんにも当然、手術を勧めます。 しかし、全国がんセンター協議会の調査によると、胃がんのステージ4の5年生存率は7・3%に低下。残念ながら、末期がんの治療成績は十分ではありません。

 

国立がん研究センターはこの夏、がん治療の実態調査を発表しました。たとえばステージ4の胃がんの場合、75~84歳で治療を受けなかった人は24.8%に上ります。「85歳以上」は56%と年齢が上がるにつれて「治療せず」の割合が増えるのです。すい臓がん、肺がん、肝臓がんも、ステージ4で85歳以上は「治療せず」が5割を超えています。

 

■「迷ったら受けない」■

 

治療なしの選択をする場合、期待される余命とQOLをベースに考えます。期待される余命は男女の平均寿命から逆算します。

 

仮に80歳とすれば、残りの人生は数年。その限られた人生を病院で暮らすか、病気と折り合いながらやりたいことをやって暮らすか。そう考えたのが、安崎さんでしょう。末期がんは、痛みを伴います。治療なしといっても、そんな痛みを解消する治療は受けるのが一般的です。でないと、やりたいことができませんから。(註 痛みは手術、理学療法・放射線治療の結果とする説もあり、それらをしなければ発生しないか、極軽いとする説もある))

 

3年前の12月に末期の肺がんが見つかった俳優の愛川欽也さんは入院を伴う治療を拒否。通院で受けられる放射線のみで人気番組の出演記録を更新して、80年の生涯を閉じました。まったくの治療なしではありませんが、最低限の治療で済ませた一番の理由は、「番組出演の継続」でした。

 

治療に迷ったら、「積極的な方法を取らない」が原則。高齢のがん患者は尚更です。

 

中川恵一氏 profile

東大医学部附属病院放射線科准教授

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

 

[私見]

  • 高齢者は手術の負担に耐えられなくて、手術によって、反って体力を消耗し、一層重篤化してしまう。
  • 手術は基本的に、「病巣を除去する」という事で、がんになってしまった「原因に遡って治療する」という訳ではない。
  • 極論すれば、高齢者のがんは、がんの治療をして、「治る」よりも「寿命の方が先に来てしまう」という事があり得る。だとすると、ドライに考えると、「手術損」ということも想定すべきである。近藤誠氏に依れば、がんには2種あり、①本物のがん、②がんもどきの「がん」と主張している。①は治療しても治らない、②は、もともと「がんではない」ので、無治療で対応しても問題ないと述べています。「極論」だと批判され、相手にされず、四面楚歌状態ですが、頭の隅に入れておくべき事ではないかと思います。手術すれば、間違いなく、「生活の質」は堕ちます。体に対する負担は増大します。三大治療をしたからと言って、「治る」訳ではありません。治療をした場合と、しなかった場合の、そこの加減の「長い、短い」は、ある意味神のみぞ知るということになるから、「滅多なことは言えない」が、特に高齢者(私自身が高齢者ですが)は心すべきではないかと思います。☜ 誤解を恐れず言うならば…!!!
  • (結果的に見て)、何もしなかったケースが、「一番長生き出来た」という結果になることも多いという話でした。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/219628?page=1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%AE%89%E5%B4%8E%E6%9A%81+%E6%84%9F%E8%AC%9D%E3%81%AE%E4%BC%9A&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large