北朝鮮のミサイルに関心、急伸83%=米への親近感低下―内閣府調査!

 

 

内閣府が23日に発表した「外交に関する世論調査」によると、北朝鮮への関心事項(複数回答)としてミサイル問題を挙げた人は前年比で11.5ポイント増加し、83.0%となった。

同じ項目で調査を開始した2008年以降で最高。一方、「米国に親しみを感じる」との回答は同5.7ポイント減って78.4%となり、7年ぶりに8割を切った。

 

今年、北朝鮮による弾道ミサイル発射は15回に上り、8、9月には日本上空を通過。こうした事情が関心の高まりに繋がった。関心事項に拉致問題を挙げた人は同2.9ポイント減の78.3%、核問題を挙げた人は同3.2ポイント増の75.3%だった。

米国への親近感が低下したのは、「米国第一」を掲げるトランプ政権が1月に発足したことが影響したとみられる。「親しみを感じない」は同5.9ポイント増え、19.1%となった。

 

このほか、国別に親しみを感じるか尋ねたところ、韓国は同0.6ポイント減の37.5%、中国は同1.9ポイント増の18.7%、ロシアは同1.3ポイント減の18.0%だった。

調査は10月下旬から11月上旬にかけて、全国の18歳以上の男女3000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は60.1%だった。

 

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <時事通信>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00000042-jij-pol

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%A4%96%E4%BA%A4%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88#mode%3Ddetail%26index%3D191%26st%3D7253

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE+%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E7%99%BA%E5%B0%84&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large