老後の人生を充実するには「脳の衰えを最小」にする!その為に「自分なりのイベント」を入れ脳の活性化を!

 

 

年齢とともに増える物忘れ。脳の機能低下を防ぐためには、いつまでも脳を活発に働かせ続けることだ。特に重要なのは、「停年後の生き方」だと米山医院・米山公啓院長は言う。

 

「仕事を引退して何もすることがなくなると、脳が急速に衰えてしまいます。何か新しいことを始めて、脳に刺激を与えなくてはいけません」

物忘れが起こるのは、脳内の神経細胞にアミロイドベータという脳のゴミが付着して細胞にダメージを与えるから。神経細胞が活発に働いていれば、ゴミはくっつきにくくなる。仕事を辞めると、外出することも人と話すことも少なくなり、脳の活動量が激減する。意識的に脳を動かして脳内のゴミを排出することが重要なのだ。

 

「停年後は『地域活動に参加しよう』『田舎暮らしをしよう』などと言われますが、もともと好きでなければ、続くものではありません。停年を迎える前に、自分が好きなこと、夢中になれることを探しておくことをお勧めします」(米山院長)

常に脳に刺激を与えるには、同じことをするだけでなく、新しいことにチャレンジすることも大切。好奇心を持って、次々とやりたいことを見つけられるのが理想だ。

 

ただ、人によってはそれが難しい場合もあるだろう。眞田クリニック・眞田祥一院長は次の方法を提案する。

 

「人生を充実させるために、毎日「自分なりのイベント」を入れるのです。月曜日はあの人に会う、火曜日は録画した番組を全部見る……というように、何でもいいから毎日予定を入れると、生き生きとした脳を保てます」

 

一日の中でも「午前中はこれをして、午後はあれをする」と細分化するとなお良い。脳のために、第2の人生を充実させよう。

 

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/221469

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%84%B3%E3%81%AE%E6%B4%BB%E6%80%A7%E5%8C%96&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large