高山桜回廊の5大桜、水中の枝垂れ桜を無時撮影し、「さて!灰野峠(月生峠)を超えて、豊丘の弁天さんの桜を見に行くか」と思ったが、電池残量が僅かになり、断念せざるを得なくなった。[車のバッテリーから取れるのだが、充電に時間が掛かるので] 一旦帰宅し、パソコンに動画を取り込み、再び充電で来たので、改めて、豊丘に向かった。豊丘の他の桜は、既に一回行き、7.8分咲きの姿を撮影済みだったが、本日弁天さんの桜に行くので、もう一回行って、満開の状態を撮ることにした。

本来なら、今年初めて、[しかも一番遠いところにあるので]行くのであるから、最初に行くべきだったが、つい
長玅寺の桜と、延命地蔵堂のアズマヒガン桜にあしを停めてしまった。幾ら日が長くなったとはいえ、山間の標高の高いところにある桜ゆえ、日陰になって撮影条件が悪くなっていたら、また出直しになるなあ!と後悔の念が走った。

一層の坂道を上り、標高750mの弁天池にやっとの思いで着いた。幸いにもこの池の一帯は西陽を目一杯受けて、桜も光り輝いており、撮影に支障はなかった。桜の周りには、結構人が出ており、盛んにシャッターを切っていた。

咲き加減はまさに満開で、一番いいときに来たというもんだ!風もなく、周りには、水仙や、菜の花も咲いており、春爛漫という風情だった。

一頻撮影し撮影していた人たちと暫し話しをした。静岡から来たとのこと。もう20日も前に、桜は、散ってしまったので、信州ならまだ間に合うと思って来たとのこと。これから温泉に入って、明日は高山の桜を見に行くと言ってました。高山も5大桜は、中塩の桜は、ピークを過ぎたが、あとの桜は丁度満開の旨伝えた。今日は須坂の、野辺や、大日向、臥竜公園、豊丘の延命地蔵の桜を見てきたそうだ。これからホテルに向かうだけだというので、長玅寺の桜を教えて差し上げた。

今年の桜詣では、この弁天さんの桜で、やっと一段落したので、これで終了とする。最後に満開の秀麗な桜が見れたので満足だった。