【プレさくら紀行第9弾】子抱地蔵尊が見守る中塩の枝垂れ櫻!信州高山五大櫻の1つ!

 

 

信州も漸く松本や、上田辺りまで、桜の開花宣言がなされた。北信の須坂・高山村は後1週間くらい掛かるのではないかと思われる。そこで「プレさくら紀行」と銘打って、須坂・高山村の櫻をシリーズでご案内します。北信の春は桜を含め、長い雪の季節を耐え抜いて、一斉に花が咲き競う季節です。一度お越しになり、春の息吹をご堪能ください!

 

中塩の枝垂れ櫻 【高山村 なかひら 4758-4】 子抱地蔵尊が静かに見守る!(信州高山村櫻回廊)高山五大櫻の1つ。 なかひら地区にある阿弥陀堂の傍、お地蔵さまを護るように聳えている。樹高約10m、樹齢は約150年。幾重にも張り出した枝々が花で埋め尽くされると、さながら湧き立つ華の雲のよう。阿弥陀堂は一見民家風。というか何回もこの桜を訪れているが、何時も自分の家の庭に、「こんな立派な桜があればいいなあ」と思っていた程、一般の民家風なお堂である。むしろ一般の民家の後に阿弥陀様を安置して、お堂としたという感じだ。

今までいろいろな神社仏閣に参拝してきたが、この様な例は結構存在する。例えば信州更埴市倉科にある「倉科山妙音寺」がそんな感じのお寺である。【倉科山妙音寺☞https://youtu.be/JdZ9udz6Fms】この中塩の枝垂れ桜で最も特筆すべきは、やはり樹冠の下に祀られている「子抱地蔵尊」の存在だと思う。

お地蔵さんが赤子を抱いている。近所の方が編んで、被せたのであろう赤い毛糸の帽子が印象的だった。このお地蔵さんが桜を守っているのか、お地蔵さんが桜を守っているのか定かではないが、実に微笑ましく、心安らぐ景色だった!

https://youtu.be/JdZ9udz6Fms  ☜ 倉科山妙音寺

 

記事・画像・動画 Original

倉科山妙音寺 YT Original  https://youtu.be/JdZ9udz6Fms