次から次へと、改竄、隠蔽明らか!“安倍降ろし”加速! 安倍政権「破れかぶれ!死なばもろとも6月解散」で延命狙い画策か!?

 

 

■完全に負のスパイラルに入っている■

 

隠蔽した筈のスキャンダルが次々に発覚している安倍政権。今度は、自衛隊の“文書隠し”が明るみに。政局に強い自民党議員は「もう安倍3選はない」と確信し、党内の“安倍離れ!”が急ピッチで進んでいる。安倍首相の外交日程が終わる5月中旬以降、“安倍降ろし”が表面化するとみられている。 厚労省の「裁量労働制データ」捏造、財務省の「決裁文書」改ざん、防衛省の「イラク日報」隠蔽と、3タテを食らっている安倍政権。「安倍1強」はもはや死語だ。自民党内は、安倍離れが加速している。 竹下亘総務会長は「昭恵さんという存在が政権に迷惑を掛けた事は事実」と平然と口にする始末だ。

自民党内では、再び“青木理論”が注目されているという。内閣支持率と自民党支持率を足して50%を切ったら政権は崩壊するというものだ。現在、内閣支持率は31%、自民党支持率は32%。合計63%あるが、50%に近づいたら、一気に“安倍降ろし”が始まるとみられている。

 

■19年統一地方選挙および参院選を控えて、自民党の危機感は予想以上■

 

「自民党議員の危機感は予想以上です。来年は統一地方選と参院選が控えている。爆弾を抱えている安倍首相では、怖くて戦えない。選挙前に新しい爆弾が炸裂する恐れもありますからね。いずれ安倍降ろしが始まる。既に、竹下派は、岸田氏か石破氏支持に傾いています。安倍首相が所属する細田派も、福田康夫元首相に近い人は内心、安倍首相を支持していない。安倍支持と断言できるのは下村さんや稲田さんなど十数人です。もし、内閣支持率が下がっても、安倍首相が政権にしがみつこうとしたら、奥の手の「昭恵夫人の喚問」を持ち出すつもりのようです。流石に、安倍首相も昭恵喚問となったら首相を辞めるでしょう」(永田町関係者)

 

■弱体・野党が相手なら負けない■

安倍降ろしの動きに気づいている安倍首相周辺は、対抗手段として、なんと6月の「会期末解散」を考えているという。念頭にあるのは大叔父、佐藤栄作元首相が仕掛けた「黒い霧解散」だ。1966年12月、総裁に再選したばかりの佐藤元首相だが、政権は国有地払い下げの恐喝事件や、大臣の公私混同など「黒い霧」塗れだった。そこで、佐藤元首相はあえて解散。総選挙では微減に留めた。

内閣参与の飯島勲氏も週刊文春(3月29日号)で「黒い霧解散」を引き合いに、早期の解散・総選挙を進言し、「過半数維持は間違いないぜ」と書いている。「野党がバラバラな今、解散・総選挙をすれば、与党は議席を減らすでしょうが、過半数は取ると、安倍首相周辺は計算しているのだと思う。安倍首相も、『国民の支持を得た』として、総裁3選、改憲に挑戦できると考えているのでしょう」(政治評論家の山口朝雄氏)

いよいよ失態続きの、安倍政権の終わりが近づいている。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/226645

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%94%BF%E6%A8%A9+%E7%A0%B4%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%81%B6%E3%82%8C%E8%A7%A3%E6%95%A3&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large