アベノミクス命運尽きるか!? 「円安・株高の法則」が完全崩壊!アベクロの主張にトドメ!?

■アベノミクスを支えてきた「円安・株高の法則」が完全に崩壊した■

 

25日、米長期金利の上昇でドル円相場は一気に円安に振れ、2カ月半ぶりに1ドル=109円台をつけた。

「これまでの流れだったら、株高になって当然でした。円安になれば輸出企業の業績が上向き、株価も上昇するという考え方です。ところがこの日の日経平均は下落でした。為替と株価の関係がガラリと変わったのです。今後は円安になっても、株価が上昇しない可能性が高いということです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 

円安→株高が崩れたことで、アベクロは真っ青だろう。何しろ、アベクロによる金融緩和の真の目的は、円安誘導して株高を出現させること――と言ってきたからだ!

「流れが変わった原因は、米長期金利が節目の3%を一時超えたことです。投資家は、株式を保有するより、金利の高い米国債に資金を振り向けた方が儲かると考えます。株が売られた理由の1つでしょう」(倉多慎之助氏)

 

NYダウの下げ幅(24日)は一時600ドルを超えた。大幅下落は、金利上昇による企業業績の悪化を懸念した可能性もあるという。

「米FRB(連邦準備制度理事会)は利上げに前向きです。今後、米長期金利は急速に上昇し4%、5%と高まるかもしれません。そうなると、企業の借入金や、個人の住宅ローン、自動車ローンの金利負担は重たくなり、景気悪化を招きかねません。株式市場はこうした危険性を感じ取った結果ともいえます」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 

日本は相変わらずゼロ金利政策なので、日米の金利差は広がるばかりだ。金利差に目を向けると、更なる円安方向だが……。

「今年初めにつけていた1ドル=112円台まで円安が進んでも不思議はないと思っています。ただ、為替と株価は、今までの様にはリンクしません」(ミョウジョウ・アセット・マネジメントの菊池真代表)

円安が進行しても、株価は上昇しない。アベノミクス“最後の砦”である株高維持は風前の灯となってきた。何もかもが上手くいかなくなってきた!

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/227983/1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%82%B9%E5%B4%A9%E5%A3%8A&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large