円楽らが最後の別れ!歌丸さん葬儀!笑点ゆかりの緑色の着物で旅立ち!

慢性閉塞性肺疾患のため2日に死去した桂歌丸さん(享年81)の葬儀が10日、横浜市内の斎場で営まれた。家族葬としてとり行われる中、歌丸さんの弟弟子であるヨネスケこと桂米助(70)や笑点で長年共演してきた三遊亭円楽(68)ら約50人が参列した。

 

関係者によると、歌丸さんは緑色の着物に身を包み、棺には大好きだった渓流釣りの竿や愛用の扇子、手ぬぐいなどが納められたという。参列者に見送られる中、出棺され、同市内で荼毘(だび)に付された。

11日には午後2時から同市港北区菊名の妙蓮寺で歌丸さんの家族と落語芸術協会合同の告別式が行われる。芸協最高顧問の桂米丸(93)、落語協会会長の柳亭市馬(56)、笑点から林家木久扇(80)が弔辞を読み、芸協会長代行の三遊亭小遊三(71)と友人代表として歌舞伎俳優の中村吉右衛門(74)があいさつする。

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News(spnannex)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000094-spnannex-ent

 

「笑点」が追悼特集!歌丸さん偲ぶ!円楽「じじい!早すぎるんだよー!」絶叫!涙す!

日本テレビの「笑点」で8日、慢性閉塞性肺疾患のため2日に死去した桂歌丸さん(享年81)の追悼特集が放送された。

メンバーは黒の紋付き姿。1966年から2016年まで出演した歌丸さんを50年間の秘蔵映像で名場面を振り返り、偲んだ。「かぶりもの(カツラ)が好きだった」「トイレから出てきたら、トイレットペーパーをミイラ男のように全身に巻いていた」などの思い出話で盛り上がった。

三遊亭円楽(68)は、歌丸さんに感謝するネタを披露する「ありがとう歌丸師匠大喜利」のコーナーで「最後に一言、言わせてください。じじい!早すぎるんだよー!」と絶叫。唇をかみしめ、目を潤ませた。客席に頭を下げる際は、こらえ切れずにハンカチで目を拭った。司会の春風亭昇太(58)は「楽しんでいただくのが仕事。この追悼大喜利も皆さんに笑っていただき、師匠も喜んでいると思います」と“笑点流”で歌丸さんを見送った。合掌!

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News(sponichi)

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/09/kiji/20180709s00041000090000c.html

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%AC%91%E7%82%B9&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large