黒田総裁遂に“白旗”を掲げたか!?…日銀が「株の買い支えを停めた」のか!?動かなかったのではない!動けなかったのだ!

 

■日銀はもう動かないのか――。株式市場が疑心暗鬼になっている■

日銀は金融政策の一環として、年6兆円規模の上場投資信託(ETF)を購入しているが、先週は“買うタイミング”が来ても動かなかったのだ。「しかも2日連続で動きませんでした。過去、そんな例はなかった丈に、日銀は本気で株を買うのを停めたのか……と落胆する証券マンが続出した」(市場関係者)

日銀は今年に入ってから、午前中の取引でTOPIX(東証株価指数)が0.3%以上下落した時にETFを購入してきた。ところが、先週の15日と16日は下落率が0.4%を超えたにも拘らず“買い発動”しなかった。

「黒田総裁は7月の金融政策決定会合後の会見で、ETF購入に関して『市場の状況に応じて変動する』と、購入額の減額を臭わせていました。ただ、先週はトルコ・ショックで株価が大幅下落した丈に、必ず買ってくると読んでいたのですが……。もしかすると、「動かなかった」のではなく、「動けなかった」のかも知れません」(株式評論家の倉多慎之助氏)

今週23~25日は米国で、各国の中央銀行総裁らが集結するジャクソンホール会議が開かれる。米FRBのパウエル議長も出席する重要イベントだ。「その直前だったので、日銀は動くのを控えた可能性がある。なにしろ日銀の大規模金融緩和は、海外から見たら円安誘導と映りかねません。トランプ米大統領が、日銀は為替操作していると批判する恐れも強い」

 

■市場は黒田日銀のステルステーパリング(隠れた出口戦略)が始まったと囁く■

☝ 出口が見つからない!

 

「黒田日銀の金融緩和策は5年が過ぎ様としています。この間、日銀は大量の株を買い、多くの企業で実質的な筆頭株主になっています。もうこれ以上は買えないという事情がある」(株式評論家の杉村富生氏) 黒田日銀は目標に掲げた「物価2%上昇」を達成出来ずにいる。ETF購入も限界がきた。「もはや黒田総裁にやれることはない」という声が、市場から漏れてくる。

☝ 事態を知ってか知らぬのか、相変わらずお気軽!

(私見)

流石の強心の黒田総裁も、枕を高くして眠れないのではないか! 安倍総理の「虎の子の株高」か崩壊する虞が現実化するか。総裁選を前に、続投に赤ランプが付く事態にもなり兼ねない。いよいよ日本経済・政治にとって、崩壊のシナリオの始まりかも知れない。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/235782

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%97%A5%E9%8A%80%E6%A0%AA%E8%B2%B7%E3%81%84%E6%94%AF%E3%81%88%E4%B8%AD%E6%AD%A2%E3%81%8B&rkf=1&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large