日産ゴーン逮捕逮捕の衝撃走る!その裏側と今後! 衝撃はこれからが本番だ!<>

 

■全国から検事を集めた東京地検のヤル気と捜査の行方!

虚像が音を立てて崩れた。カリスマ経営者の逮捕は、世界中に衝撃を与えている■

 

東京地検特捜部が19日、日産自動車での役員報酬を過少に申告した疑いがあるとして、同社会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)と代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕した。特捜部は2人の認否を明らかにしていない。

逮捕は青天のへきれきだが、当局は周到に準備を進めていた。「ここ数カ月、東京地検が全国から応援の検事を呼び集めて極秘捜査を進行していた。バッジ(政治家)狙いかと思っていたらゴーン氏逮捕で驚きました」(大手紙の司法担当記者)

東京地検の発表によると、2011年3月期から15年3月期の5年間で、ゴーン容疑者の報酬が実際は合わせて約99億9800万円だったのに、有価証券報告書には約49億8700万円と、50億円あまり少ない虚偽の記載をした為という見方もあり、余罪も含めて個人犯罪は立件のハードルが低そうだ。逮捕者が代表取締役2人丈で終わる保証はない。

日産の対応は素早かった。19日夕に声明を出し、夜には会見を開いて、2人の解職を取締役会に提案すると発表。内部通報を受けて数カ月間調査したところ、ゴーン容疑者には役員報酬の過少記載だけでなく、会社の資金も「やっちゃえ、日産」とばかりに私的流用するなど、複数の重大な不正行為があり、これにケリーが深く関わっていたという。

■今回の逮捕容疑は金融商品取引法違反だが、これはあくまで突破口だ■

「日産は特捜部に資料を提供するなど捜査に全面協力しているそうですから、50億円の過少申告だけで終わることはないでしょう。ゴーン氏は特別背任や横領などにも問われる可能性が高いと思います」(元検事の落合洋司弁護士)

捜査への全面協力は、日産が法人を守るために当局と司法取引した為という見方もあり、余罪も含めて個人犯罪は立件のハードルが低そうだ。逮捕者が代表取締役2人だけで終わる保証はない。

(私見)

☝日産の対応は早かった!

 特捜部は、今回の件は、今回の件で、当然の対応と思われるが、それはそれとして、政治がらみの不正が充満し、日本の統治システムの崩壊に至るような不祥事が続出している。こういう面は、全く捜査にも至らず、黙認される可能性が非常に強い。権力に取り込まれて、その機能を全く発揮されていない検察であるが、本来の機能を発揮して貰いたい。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/242046/1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%B3%E9%80%AE%E6%8D%95&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large