ゴーン!不当逮捕、不当拘留に怒る!前代未聞の大反撃! ゴーンvs検察“劇場型”の全面対決!蓋し見ものである!

「I am innocent(私は無実だ)」――。会社法違反の特別背任容疑で東京地検特捜部に再逮捕された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者は8日、東京地裁の法廷で繰り返しこう訴えた。長い拘置所生活で頬はこけ、表情には疲れが滲み出ていたが“辣腕”経営者らしく、鋭い眼光は失っていなかった。

 異例の勾留理由開示手続きで50日ぶりに姿を現したゴーンに、メディアは朝から大騒ぎ。東京地裁や東京拘置所前にはテレビの中継車やカメラマンが大挙し、法廷内でのゴーンの様子については、やれ「胸を張って歩き席に座った」「傍聴席の関係者に視線を送った」だのと、一挙手一投足を事細かく報道。各局のニュースは右から左まで“ゴーン劇場”を垂れ流す異常事態が繰り広げられた。

 午前中の報道が一段落したかと思いきや、午後になるとすぐさま“第2幕”とばかりに、ゴーンの弁護人を務める元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士が外国特派員協会で、200人超の報道陣を前に約2時間にわたり記者会見を行った。

 新生銀行と契約した「スワップ取引」で生じた私的な損失を日産に付け替えた疑いについては、「ゴーン氏と日産、取引銀行の3者で合意形成があった」と、特捜部と真逆の主張を展開した。

 問題の契約をゴーンに戻すにあたり、信用保証に協力したサウジアラビア人の大富豪、ハリド・ジュファリ氏への見返りに日産子会社の「中東日産」を通じて約1470万ドル(現在のレートで約16億円)を支払った疑いについても否定。「正当な報酬。検察は知人側から聴取していない」「もう少し慎重な捜査をしてほしい」とぶちまけたから、インパクトは絶大だった。

 かくして、朝から晩まで報道はゴーン一色。前代未聞の“メディアジャック”で大反撃に出たゴーンのシタタカさを目の当たりにしたかのようだった。

 まさかの逆襲、劇場型の展開に検察サイドは大誤算

 そもそも、勾留理由開示請求手続きを取ること自体がゴーンの“奇策”なのだ。2017年度に裁判所が勾留決定した事案のうち、開示請求手続きが取られたケースは全体の0.55%。というのは、裁判所からは「逃亡の恐れがある」「罪証隠滅の恐れがある」と、通り一遍の勾留理由が示されるだけで、ほとんど意味をなさないのが実情だからだ。

 その上、出廷の際には手錠・腰縄姿を衆目に晒す事になる。それでも公の場に現れたのは、検察の捜査手法のイビツさを世間に知らしめる為だろう。

 弁護人の会見を特派員協会で行ったことにも、ゴーンの“計算”が垣間見える。「人権侵害」「不当勾留」との論調が根強い海外メディアからは、ゴーンに有利な質問が飛ぶことを想定していたに違いない。

■法大名誉教授の須藤春夫氏(メディア論)の見解■

「今回の事件を巡っては、ゴーン氏の長期勾留について、海外メディアから『人権侵害ではないか』と批判が続出しています。ゴーン氏はあえてやせ細った姿を法廷でさらし、弁護人には海外メディアの前で会見させたのではないか。目的は、検察の理不尽な捜査手法を浮き彫りにするためだったのでしょう。実際、国内メディアも『日本の捜査手法に批判が集まる恐れがある』といった論評をつけざるを得なくなっています。ゴーン氏が『私は無実だ』と強く訴えたのも『各メディアが見出しに取りやすいだろう』と踏んだからかも知れません。周到なメディア戦略と言えるでしょう」

 国内のみならず、海外にまで検察の“悪評”が伝播するのは間違いない。特捜部は劇場型の展開に「大誤算」と悔やんでも、時既に遅しだ。

■本丸が「10年前の特別背任」という無理筋!■

「当時の日本人の関係者は時効。ゴーンさんだけが海外にいたという理由で逮捕されるのは非常におかしい」

 ゴーンが問われている特別背任について、特派員協会で会見した大鶴弁護士はこう疑問を投げかけていたが、確かにそうだ。

 特別背任罪の公訴時効は7年。1年の大半を海外で過ごす生活スタイルを理由に、特捜部はゴーンの時効を先延ばしにし、10年以上前の“事件”を掘り起こして立件した。問題視されている「スワップ取引」を巡り、ゴーンに協力したジュファリ氏への見返りについても判然としない。特捜部は信用保証の謝礼として、中東日産を通じて09~12年に計約1470万ドルを支払ったという筋書きを描いているが、当のジュファリ氏から何の聴取もしていないというのである。

 巨額報酬の有価証券報告所虚偽記載(金融商品取引法違反)を入り口として始まったゴーン事件の本丸が「10年前の特別背任」というのは、やはり無理筋なのではないか。

■検察に詳しいジャーナリストの魚住昭氏の見解■

 「日産から不正なカネが流れたとされるジュファリ氏は、特別背任容疑を裏付ける捜査で欠くことができない人物。にも拘わらず、聴取すら出来ていないのは特捜部の最大の落ち度です。ジュファリ氏の証言なしに有罪に持ち込むのは相当にハードルが高い上に、日産に与えたとされる具体的な損害額も出てきていない。実損なしに特別背任罪で立件した事案は私が知る限り、例がない。ゴーン事件は捜査の常識ではあり得ない無理筋としか言いようがありません」

 特捜部は何をどう血迷ってしまったのか!?

(私見)

 今回のゴーン逮捕事件は、単なる経済犯罪ではない、何か特殊な匂いがする。国策操作という声も聞く。首相の国民の批判をかわす目晦ましではないかとの見方もある。もしそんな背景があり、どうしてもゴーンの首を挙げる必要があってやっているとすれば、今回の検察の強引なやり方も納得できるというものだ!しかしこのところの首相の遣る事為す事国際社会からの目に晒され、安倍首相の国民を無視した政治姿勢などが、海外に知れ渡り、徐々にではあるが、批判が出ていることは、首相の立場を揺るがしていると言わざるを得ない。史上最長の政権担当期間を誇る首相であるが、民主主義に対する批判的言動が、海外からの「逆輸入」に依って逆に首相に突き刺さることもあり得る。首相としても、思わぬ難題が降って湧いたような話だが、事業自得というものだ。

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ  

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245092

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%B3%E4%B8%8D%E5%BD%93%E9%80%AE%E6%8D%95%E3%83%BB%E6%8B%98%E7%95%99%E3%81%AB%E6%80%92%E3%82%8B&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large