新元号は「令和(れいわ)」に決定!安倍首相の名前の一部が入ると取り沙汰されたが、予想以上の拒否反応に流石に断念せざるを得なかったのではないか?

■新たな元号は「令和」と決った■

 出典は7世紀から8世紀後半ごろにかけて編纂された日本最古の歌集「万葉集」で、日本の古典に基づく元号は初めて。5月1日の新天皇が即位されるのに合わせ同日午前0時に元号が改まる。

 新元号は645年の「大化」以来、248番目。これまで日本の元号の由来は確認できる限り全て中国古典(漢籍)で、日本古典(国書)はなかった。

「令和」は、万葉集の〈梅花の歌三十二首〉の序文にある〈初春令月、気淑風和〉=初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす(書き下し文)から引用した。

 1989年1月に始まった平成は、天皇陛下が退位される4月30日に幕を閉じる。国民生活への影響を抑えるとして、改元1カ月前の発表となった。

 政府は1日午前、有識者でつくる「元号に関する懇談会」を開き、新元号を含む5つの原案を示して意見を聴取。懇談会は約40分で終了。衆参両院正副議長からも意見を聞いた後、全閣僚会議で協議し、新元号を定める政令を閣議決定した。

 新元号を首相官邸で発表した菅義偉官房長官は午前11時40分、「広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根差していくよう努めていきたい」と話した。

 この後、午後0時5分から安倍首相が会見し、「人々が美しく心を寄せ合う中、文化が育つという意味が込められている」と説明。

「日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継ぎ、日本人がそれぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたいとの願いを込めた」と語った。

 政府は3月14日、国文学、漢文学、日本史学、東洋史学を専門とする学者の中から複数人に新元号の考案を依頼。①国民の理想としてふさわしい良い意味を持つ②漢字2字③書きやすい④読みやすい――などの条件で絞り込んだ。

 さすがに新元号に「安」の字は入らなかった。

 ネットや各地のイベントなどで白熱していた新元号予想。「安倍首相の『安』の字が入るんじゃないか」などといった声が飛び交い、「安久」「安永」「安明」などが上位に挙がっていたが、ふたを開けてみれば「安」は落選。さすがに安倍もはばかられたのだろう。

(私見)

新元号は今までの慣例を破り古事記からの引用となった。出典元は、万葉集「梅花(うめのはな)の歌三十二首并せて序」に記された下記の部分と思われる。

「初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。」

 新元号については、大分前から、安倍首相の名前の文字から持ってくるのではないかとの噂が飛び交った。元号改まるのを機に、国家の統治機構の根幹を揺るがすような度重なる不祥事、またその解明を阻む、データの隠蔽、改竄、虚偽答弁などを、ご破算にし、国民に幻想を強い、安倍政権批延命の道具に利用するのではないかと囁かれた。普通の感覚なら、元号と言う社会的なものに、個人の事情を挟み込み、其れを政権の延命に使おうなどとは思わないものだが、現政権はおくめもなく遣り兼ねない。持って行き方によっては、国民の拒否反応が渦巻き、墓穴を掘り、延命どころか、潮目が劇的に変わり、政権に跳ね返る可能性もあった。また皇室からの何らかの政権に対する反応があったかも知れぬ。そういう懸念もあり、『野望を持ち出す』ことはなかった。

 『国民の平和』とか、『個性の発露』に希望を持って、明日の日本を築こうとの総理談話を、発表したが、『国難の張本人』と呼ばれ、国民の個性どころか、没個性を狙い、国家に従順な国民を作ろうとする現政権はここでも本当のことを言わない。言っている事と、やろうとしている事は全くの正反対だ。

一時は2文字入るのではとの噂もあった!」

 新元号になっても、国民生活は、平成の時代をそのまま受け継ぎ、事と次第によっては、アメリカの戦争に加担し、憲法を変えられ、人権は抑圧・抹殺される大変な時代になる恐れが強い。元号に、自分の名前をいれるのを断念せざるを得なかったのも、これに強く反対の意を唱えた『世論』が強かった訳であり、今後の日本をよくしようとすれば、不断の権力の監視が必要なのである。

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/250952

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%96%B0%E5%85%83%E5%8F%B7%E3%80%8C%E4%BB%A4%E5%92%8C%E3%80%8D%E3%81%AB%E6%B1%BA%E3%81%BE%E3%82%8B%21%E5%AE%89%E5%80%8D%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%81%AE%E8%AB%87%E8%A9%B1&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch