先人の教訓に倣え! 脳に効く最高の「アンチエイジング習慣」

 

あなたも実はやっている!? 脳に効く最高の「アンチエイジング習慣」

「なんだか最近、さえない…」と思ったら、まず早寝早起きを。健康にもよく、時間も効率的に使え、言うことナシだ

毎朝、仕方なく…と思っていた人は、その意識が変わるかも! それは、「脳のメンテナンスのために、何よりも重要視するのは『早寝・早起き』です」という、人工知能研究者・脳科学コメンテーターの黒川伊保子さんのお話。

 

そんな、昔から親が言っていたようなこと!? と思うなかれ。実は「早寝・早起き」は三文の得どころではなく、脳に効く最高のアンチエイジング習慣なのだとか。

yjimage-10

「その理由は、早起きをして朝日を感じると、セロトニンが分泌されるから。セロトニンがよく分泌されている脳は、しみじみとした充足感を得やすいため、幸福を実感しやすく、意欲が萎えません。喜怒哀楽の感情の出方も穏やかになって、ひどくはしゃいだり、落ち込んだりすることが減り、キレにくくなるのです」

 

闘争心から生まれる「やる気」は、瞬発力はあるものの、尖った気持ちと共にあるので、イケイケドンドンになったり、逆にキレたり、気持ちが乱高下しがち。そして結果に振り回されるため、成果を手に入れ、他人にちやほやされたり慰められないと、やっていられない。つまり、充足感が、結果や他人の反応に左右される、と黒川さん。これでは、神経的にはかなりのストレスだ。

yjimage-13

「一方、セロトニンが生み出す充足感は、結果にも、他人にも依存しません。成果が何もなくても、誰もちやほやしてくれなくても、自噴してくる充足感に支えられて、プロセスそのものが楽しめるのです」

 

人は、お金をもうけたり、出世したり、モテるから幸福になるのではない。「セロトニンが出ているから幸福」なのだとも。「頑張っているのに、誰もわかってくれない」「あの人がうらやましい…」と思いがちな人は、明らかにセロトニン不足、と黒川さん。

 

「あれこれ悩む前に、とにかく早寝早起きを。『なんだか最近、さえない…』と思ったら、さえないアタマでくよくよ考えるよりも、とにかく『早寝・早起き』したほうが得策です」

 

引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161015-00010000-ourage-life&pos=4